#707

記事を
ブックマークする

ユーロ2008の共催は果たして成功だったか。

2009/03/08

 前回のポルトガル大会が“海のユーロ”だとしたら、今大会は“山のユーロ”だ。アルプスの峻峰に残る雪を見ながらドライブしているとき、ふとそう思った。移動は楽ではないが、苦労して足を運ぶだけの風景がスイスとオーストリアには広がっていた。

 開催都市のなかで最も盛り上がったのは、オランダの3試合が行なわれたベルンだ。街はオレンジ一色になり、いかにもユーロというお祭り騒ぎに。オランダ政府は温かく迎えてくれた街に感謝して、「ダンケ、ベルン」という広告を地元紙に載せたほどだ。

 チューリッヒでは座席指定のパブリックビューイングが登場した。座席料が約2500円もするのに、ドイツ対ポーランド戦では完売。湖を横目に大画面で試合を観戦するのも、なかなか味わい深い経験だった。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Shinji Akagi

0

0

0

前記事 次記事