#1100

記事を
ブックマークする

【NBA制覇】ボストン・セルティックスを導いた「変人HC」ジョー・マズーラの理念とは?《エースには映画『ダークナイト』を見せて…》

セルティックスの「心優しきエース」ジェイソン・テイタム
NBA歴代最多18回目の優勝を達成したセルティックス。チームを率いたのは就任2季目の若き指揮官だった。柔軟な発想で新たなアイデアを注入し続ける35歳は、選手たちにポジティブなマインドをいかにもたらしたのか。(原題:[NBA制覇に導いた指揮官]成功を呼ぶ「変人」のコーチング)

「まだだ!」

 NBAファイナル第5戦終盤のタイムアウト中、ボストン・セルティックスのヘッドコーチ、ジョー・マズーラは、そう言ってアシスタントコーチの1人を一喝した。

 ジェイソン・テイタムが2本連続でレイアップを決め、セルティックスのリードが24点に広がった直後で、TDガーデンを埋めたファンは史上18回目の優勝へのカウントダウンで盛り上がっていた。そのアシスタントコーチも試合後にコート上で行われるセレモニーの段取りに思いを馳せて、スタンドにいる妻の姿を探し始めていたのだ。それを見たマズーラは「まだ気を緩めてはだめだ」と怒鳴ったのだった。

「勝利に近づけば近づくほど、敗戦に近づいている」

 優勝から数日経って、ESPNのザック・ロウのポッドキャストでその話をしたマズーラは、「今から振り返ると彼に悪いことをしたと思うけれど、あのときはキレてしまった」と明かしている。

 怒ったのには理由があった。マズーラがシーズンを通してチームに説いてきたモットーに反するからだ。

「勝利に近づけば近づくほど、それは敗戦に近づいているときだ」

 勝ったと思って気を緩めたら、その瞬間に隙をつかれて流れを持っていかれてしまう。マズーラが好きな格闘技のUFCでも見たことがある状況だった。

2016年の入団からセルティックス一筋のブラウン。名門の主軸としてエネルギッシュなプレーでチームに勢いをもたらし、ファイナルではMVPを受賞 Getty Images
2016年の入団からセルティックス一筋のブラウン。名門の主軸としてエネルギッシュなプレーでチームに勢いをもたらし、ファイナルではMVPを受賞 Getty Images

 セルティックスはこのモットーのもと、開幕から11勝2敗の好スタートを切っても、レギュラーシーズンでリーグ首位の64勝18敗という成績をあげても、プレイオフの最初の3ラウンドを12勝2敗で駆け抜けても、NBAファイナルで初戦から3連勝して優勝に王手をかけても、決して浮かれることはなかった。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Getty Images

1

0

0

次記事