テリー・ファンク 

「流血したジャンボ鶴田はカメラマンを両手で…」突然の訃報から22年、“疲れを知らないプロレスラー”が成し遂げた日本人初の偉業とは

プロレス写真記者の眼

「流血したジャンボ鶴田はカメラマンを両手で…」突然の訃報から22年、“疲れを知らないプロレスラー”が成し遂げた日本人初の偉業とは

2000年5月13日、鶴田はフィリピンでの肝臓移植手術中に亡くなった。49歳だった。「鶴田が死んだ」と聞いたときは信じられなかっ… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2022/05/30

「全日本プロレスに就職します」 “サラリーマンレスラー”と揶揄されたジャンボ鶴田が切り開いた人生…貼られたレッテルと“非凡さ”

ぼくらのプロレス(再)入門

「全日本プロレスに就職します」 “サラリーマンレスラー”と揶揄されたジャンボ鶴田が切り開いた人生…貼られたレッテルと“非凡さ”

全日本プロレスで「完全無欠のエース」と呼ばれたジャンボ鶴田が、2000年5月に49歳の若さで亡くなって早22年。5月31日に後楽園ホ… 続きを読む

堀江ガンツGantz Horie

プロレス

2022/05/29

新日本の“最優秀外国人”スコット・ノートンが明かした「ワイフと電話で号泣した日」…『水ダウ』で野性爆弾くっきーが替え歌、愛される理由

ぼくらのプロレス(再)入門

新日本の“最優秀外国人”スコット・ノートンが明かした「ワイフと電話で号泣した日」…『水ダウ』で野性爆弾くっきーが替え歌、愛される理由

今年旗揚げ50周年を迎えた新日本プロレスが今から20年前、2002年5・2東京ドームで創立30周年記念興行を開催した際、30年の歴史で… 続きを読む

堀江ガンツGantz Horie

プロレス

2022/03/30

フォークで“メッタ刺し”されても立ち上がる…全日本プロレス“不屈のベビーフェース”テリー・ファンクはなぜ愛されたのか?

ぼくらのプロレス(再)入門

フォークで“メッタ刺し”されても立ち上がる…全日本プロレス“不屈のベビーフェース”テリー・ファンクはなぜ愛されたのか?

プロレス界の年末といえば、恒例となっているのが“タッグの祭典”。今年も全日本プロレスの『世界最強タッグ決定リーグ戦』と新… 続きを読む

堀江ガンツGantz Horie

プロレス

2021/12/01

「もう時効」だから大仁田厚が語るノーピープル戦と電流爆破への伏線。

ぼくらのプロレス(再)入門

「もう時効」だから大仁田厚が語る
ノーピープル戦と電流爆破への伏線。

プロレスにおける無観客試合の原点といえば、1987年10月4日に行われた、アントニオ猪木vs.マサ斎藤の“巌流島の決闘”が有名だが… 続きを読む

堀江ガンツGantz Horie

プロレス

2020/05/06

還暦前の大仁田厚が広げた大風呂敷。旧川崎球場で「最後の」電流大爆破。

プロレス写真記者の眼

還暦前の大仁田厚が広げた大風呂敷。
旧川崎球場で「最後の」電流大爆破。

大仁田厚は来年「還暦」を迎えるが、今、なぜか元気だ。「地方創生」をうたい文句に、小さな町にも積極的に出かけて行っては、次… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2016/09/20

ページトップ