著者プロフィール 

藤島大Dai Fujishima

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
スタジアムとラジオの言葉。~捕手の構えた場所が聞こえて~

Beyond The Game

スタジアムとラジオの言葉。
~捕手の構えた場所が聞こえて~

テレビの中継が試合の途中で終わる。あわてて押し入れに潜り込みラジオで続きを聴く。「暗闇でなんとか周波数を合わせる。アナウ… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

プロ野球

有料

2020/07/05

ジェイミー・ジョセフと宗像の物語。友情と共に育まれたラグビーへの愛。

Sports Graphic Number More

ジェイミー・ジョセフと宗像の物語。
友情と共に育まれたラグビーへの愛。

コロナ禍で多くのスポーツが延期や中止されるなか、NumberWebでは、『Sports Graphic Number』の過去の記事から、「こんなときだ… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

ラグビー日本代表

2020/06/14

逃げ馬が本当に逃げたので。~笑い話ではない。しかし……~

Beyond The Game

逃げ馬が本当に逃げたので。
~笑い話ではない。しかし……~

笑い話ではない。あってはならぬ事故。はっきりと不祥事だ。しかし。と、書き出すと叱られるか。でも。されど。なのに。そのうえ… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

競馬

有料

2020/06/13

ラグビーにおける「ロック」の特権。大野均の去り際に、胸の奥で敬意を。

ラグビーPRESS

ラグビーにおける「ロック」の特権。
大野均の去り際に、胸の奥で敬意を。

そこに暮らす老若男女は4600人ほど。3年前の8月、ニュージーランド北島のそのテ・クイティという小さな町で営まれた葬儀の進行が… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

ラグビー日本代表

2020/05/27

億万長者のように生きたい。~草の根を忘れたスポーツは滅ぶ~

Beyond The Game

億万長者のように生きたい。
~草の根を忘れたスポーツは滅ぶ~

意味を深く考えたわけではない。往時の名スポーツライター、レッド・スミスの一言がただ好きだ。「億万長者にはなりたくないが億… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

その他スポーツ

有料

2020/05/16

絶叫、熱狂、涙、ヤジをも知る人は無観客でも同じように戦えるか?

ラグビーPRESS

絶叫、熱狂、涙、ヤジをも知る人は
無観客でも同じように戦えるか?

昔、学生のころ、国立競技場の6万観衆の前でライバル校と戦い、NHKで全国中継もされた大学ラグビーの選手がこう話すのを聞いた。… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

ラグビー

2020/05/02

メダルや優勝だけがナンバーワンか。レスリング太田章の生き方と銀2つ。

オリンピックPRESS

メダルや優勝だけがナンバーワンか。
レスリング太田章の生き方と銀2つ。

本当に偉いのは誰だ? 古くて新しいスポーツの命題である。  続きを読む

藤島大Dai Fujishima

レスリング

2020/04/13

「ナンバー17」があってよかった。~初めて買ったナンバーの記憶~

Beyond The Game

「ナンバー17」があってよかった。
~初めて買ったナンバーの記憶~

1980年の春。ポスターを見た。東京のあのころは保谷市、西武新宿線の東伏見駅。江夏豊が左手のひとさし指をピンと立てていた。肩… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

大学ラグビー

有料

2020/04/04

五輪延期で思い出した東大入試中止。選手が感じるであろう「1年」の重み。

オリンピックPRESS

五輪延期で思い出した東大入試中止。
選手が感じるであろう「1年」の重み。

自分とはなんの関係もないのに妙に気になる出来事がある。これもそうだ。1969年の東京大学の入学試験は中止された。「安田講堂占… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

ラグビー日本代表

2020/04/02

人の死をいかに語るか。~死者を鞭打つな、の正当性~

Beyond The Game

人の死をいかに語るか。
~死者を鞭打つな、の正当性~

死者に鞭打つな。亡き人の批判はよせ。道徳というよりは大昔からの知恵だろう。個人的にはあやかりたい。でも先日、釘を刺された… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

NBA

有料

2020/03/09

スポーツという不要で不急なものを、人はなぜこんなに求めてしまうのか。

ラグビーPRESS

スポーツという不要で不急なものを、
人はなぜこんなに求めてしまうのか。

古今東西、スポーツは不要不急ととらえられてきた。政治や経済の真ん中にはないからだ。しかし、今回のような例、あるいは震災や… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

ラグビー

2020/03/06

トンプソンの鶏口牛後。~なぜNZから日本へ来たのか~

Beyond The Game

トンプソンの鶏口牛後。
~なぜNZから日本へ来たのか~

これで退く。だから、ここをなかなか退かない。さっき試合は終わった。それなのに辛抱強く前向きで勇敢なラグビー選手を仲間もフ… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

トップリーグ

有料

2020/02/08

<トレーナーとコーチも太鼓判>稲垣啓太の硬骨の肉体を見よ。

Sports Graphic Number Special

<トレーナーとコーチも太鼓判>
稲垣啓太の硬骨の肉体を見よ。

誰よりも押し、誰よりも走り、誰よりも転ぶ――。W杯での活躍を機に全国区の知名度を勝ち得た日本代表左プロップの屈強さの秘密… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

トップリーグ

有料

2020/02/05

「ミョウジン」と呼べばよいのだ。~明神智和という希少な存在感~

Beyond The Game

「ミョウジン」と呼べばよいのだ。
~明神智和という希少な存在感~

ひとりをずっと追う。集団競技の観戦の密かな楽しみだ。昔、ある男について実行してみた。2003年7月26日。国立競技場。午後7時2… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

Jリーグ

有料

2020/01/12

高校ラグビーの、W杯とは違う味わい。王者・桐蔭の「個が際立たない」強さ。

ラグビーPRESS

高校ラグビーの、W杯とは違う味わい。
王者・桐蔭の「個が際立たない」強さ。

15-14。最少スコアを先行の桐蔭学園がラックを重ねて攻める。御所実業高校はそれが身上である集団的防御で阻む。オールブラック… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

高校ラグビー

2020/01/10

<咆哮の理由>具智元「スクラム、きれいに割れました」

Sports Graphic Number Special

<咆哮の理由>
具智元「スクラム、きれいに割れました」

試合中、決して感情を表に出すタイプではないが、あのアイルランド戦では相手を完膚なきまでに押し切り、渾身のガッツポーズを見… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

ラグビー日本代表

有料

2020/01/02

早稲田大10番岸岡智樹の軌道を見よ。数学を学ぶラガーマンの「到達点」。

ラグビーPRESS

早稲田大10番岸岡智樹の軌道を見よ。
数学を学ぶラガーマンの「到達点」。

「僕の走るコースの到達点は決まっている。それに向けて最短を走るのではなく、若干、大回りをしたり、ふくらんでみると、全体が… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

大学ラグビー

2019/12/08

「ああしておけば」は未練ではなく未来。~エディーの言葉に思う後悔の価値~

Beyond The Game

「ああしておけば」は未練ではなく未来。
~エディーの言葉に思う後悔の価値~

そういう種族なのだ。コーチとは。どうして負けたのか。なぜ、しくじったか。くっきり言語化しないと酸素を吸えない。ラグビーの… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

ラグビー

有料

2019/12/05

よく生きるための痛恨の学び。~ラグビーは「人生の学校」だ~

Beyond The Game

よく生きるための痛恨の学び。
~ラグビーは「人生の学校」だ~

フランスのラグビー界にこんな隠語がある。「ラ・フルシェット」。フォークのことだ。肉に突き刺すと赤い汁が静かに染み出る。嫌… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

ラグビー

有料

2019/11/03

ああW杯がやってきた。~日本を非日常が覆う1カ月半~

Beyond The Game

ああW杯がやってきた。
~日本を非日常が覆う1カ月半~

巨人の激突を堪能した。ラグビーのワールドカップ。9月21日、ニュージーランド代表オールブラックスは、絶対の好敵手、南アフリ… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

ラグビー

有料

2019/10/11

1 2 3 4 5 6 NEXT >>

ページトップ