記事に戻る

〈沢村賞候補の成績比較〉山本由伸パ初の2年連続が濃厚だが… サイ・ヤング賞と同じく「指標見直し」「両リーグ1人ずつ選出」しては?

山本由伸は2021年、2022年と2年連続の沢村賞受賞なるか / photograph by Hideki Sugiyama 前半戦に勝利数を伸ばした青柳だが、後半戦に入ってややペースが落ちた ©JIJI PRESS 佐々木朗希は奪三振数で抜群の成績を残している ©Kiichi Matsumoto 2017年の菅野 ©Hideki Sugiyama 55本塁打に到達した村上だが、ここにきて打率がやや下がっている ©︎Hideki Sugiyama 20、21年と首位打者に輝いた吉田正尚。終盤戦に入って打率を急激に上げている ©Nanae Suzuki

山本由伸は2021年、2022年と2年連続の沢村賞受賞なるか(photograph by Hideki Sugiyama)

山本由伸は2021年、2022年と2年連続の沢村賞受賞なるか / photograph by Hideki Sugiyama 前半戦に勝利数を伸ばした青柳だが、後半戦に入ってややペースが落ちた ©JIJI PRESS 佐々木朗希は奪三振数で抜群の成績を残している ©Kiichi Matsumoto 2017年の菅野 ©Hideki Sugiyama 55本塁打に到達した村上だが、ここにきて打率がやや下がっている ©︎Hideki Sugiyama 20、21年と首位打者に輝いた吉田正尚。終盤戦に入って打率を急激に上げている ©Nanae Suzuki

ページトップ