記事に戻る

「真剣師のプロ希望に賛否両論」田丸昇九段が見た“新宿の殺し屋”伝説…羽生善治9歳が記録係、A級棋士との“事件”が起きた対局とは

「真剣師」として将棋界に衝撃を与えた小池重明。棋士視点から見て、どのような人物だったのか / photograph by Kyodo News 20代の頃の羽生九段 ©BUNGEISHUNJU 1図は▲7五桂まで ©Noboru Tamaru ©Noboru Tamaru 2図は▲3三角まで ©Noboru Tamaru ©Noboru Tamaru 瀬川晶司・現六段はプロ編入試験を経て棋士となった ©BUNGEISHUNJU 『真剣師 小池重明』(幻冬舎)。晩年に小池の面倒を見た団鬼六が執筆 「最後の真剣師」と呼ばれた大田学(1914~2007年)は通天閣近くの道場で指導対局を行っていた ©Getty Images 1983年に21歳2カ月で最年少名人になった谷川浩司九段(写真は1984年撮影) ©BUNGEISHUNJU 1962年に初の五冠独占を果たした大山康晴十五世名人(写真は1965年撮影) ©BUNGEISHUNJU 23歳11カ月という史上最年少永世称号の記録を持つ中原誠十六世名人。年間最高勝率(67年度、47勝8敗、0.855)も未だ破られていない ©BUNGEISHUNJU 中原誠十六世名人 ©BUNGEISHUNJU 羽生善治九段 ©BUNGEISHUNJU 1986年に撮影された1枚 ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU (左から)島朗、佐藤康光、羽生善治、森下卓、森内俊之 ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU 幼い頃の藤井聡太竜王が祖父と将棋をする姿※写真を複写 ©Keiji Ishikawa 幼い頃の藤井聡太五冠がピアノを弾く姿※写真を複写 ©Keiji Ishikawa ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU 森内九段-羽生名人の第69期名人戦 ©Tadashi Shirasawa ©BUNGEISHUNJU

瀬川晶司・現六段はプロ編入試験を経て棋士となった ©BUNGEISHUNJU

「真剣師」として将棋界に衝撃を与えた小池重明。棋士視点から見て、どのような人物だったのか / photograph by Kyodo News 20代の頃の羽生九段 ©BUNGEISHUNJU 1図は▲7五桂まで ©Noboru Tamaru ©Noboru Tamaru 2図は▲3三角まで ©Noboru Tamaru ©Noboru Tamaru 瀬川晶司・現六段はプロ編入試験を経て棋士となった ©BUNGEISHUNJU 『真剣師 小池重明』(幻冬舎)。晩年に小池の面倒を見た団鬼六が執筆 「最後の真剣師」と呼ばれた大田学(1914~2007年)は通天閣近くの道場で指導対局を行っていた ©Getty Images 1983年に21歳2カ月で最年少名人になった谷川浩司九段(写真は1984年撮影) ©BUNGEISHUNJU 1962年に初の五冠独占を果たした大山康晴十五世名人(写真は1965年撮影) ©BUNGEISHUNJU 23歳11カ月という史上最年少永世称号の記録を持つ中原誠十六世名人。年間最高勝率(67年度、47勝8敗、0.855)も未だ破られていない ©BUNGEISHUNJU 中原誠十六世名人 ©BUNGEISHUNJU 羽生善治九段 ©BUNGEISHUNJU 1986年に撮影された1枚 ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU (左から)島朗、佐藤康光、羽生善治、森下卓、森内俊之 ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU 幼い頃の藤井聡太竜王が祖父と将棋をする姿※写真を複写 ©Keiji Ishikawa 幼い頃の藤井聡太五冠がピアノを弾く姿※写真を複写 ©Keiji Ishikawa ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU ©BUNGEISHUNJU 森内九段-羽生名人の第69期名人戦 ©Tadashi Shirasawa ©BUNGEISHUNJU

ページトップ