記事に戻る

「勝てば1万円、負ければ12万円」「負けそうになるとイカサマも…」“賭け将棋”で生活費を稼いだ真剣師とは何者か?

賭け将棋で生活費を稼いだアマチュア「真剣師」とはどんな男たちだったのか? / photograph by Getty Images 1996年10月~放送されたNHK朝ドラ『ふたりっ子』。 岩崎ひろみ(子役:三倉佳奈)が演じたヒロイン・香子が将棋に没頭する 「最後の真剣師」と呼ばれた大田学(1914~2007年)は通天閣近くの道場で指導対局を行っていた ©Getty Images 「東海の鬼」花村元司九段(1917~1985年)。賭け将棋で強くなり、のちにプロ棋士に転向した ©KYODO 「新宿の殺し屋」小池重明(1947~1992年)。賭け将棋からアマ名人までのし上がった男の壮絶な人生とは? ©KYODO 『真剣師 小池重明』(幻冬舎)。晩年に小池の面倒を見た団鬼六が執筆 「新宿の殺し屋」小池重明(1947~1992年)。賭け将棋からアマ名人までのし上がった男の壮絶な44年間とは? ©KYODO プロになった頃の藤井竜王、自宅リビングでの貴重な1枚 ©Keiji Ishikawa 幼い頃の藤井聡太竜王が祖父と将棋をする姿 ©Keiji Ishikawa 幼い頃の藤井聡太三冠がピアノを弾く姿 ©Keiji Ishikawa ©Keiji Ishikawa 中原誠十六世名人 ©BUNGEISHUNJU 羽生善治九段 ©BUNGEISHUNJU 1983年に21歳2カ月で最年少名人になった谷川浩司九段(写真は1984年撮影) ©BUNGEISHUNJU 1962年に初の五冠独占を果たした大山康晴十五世名人(写真は1965年撮影) ©BUNGEISHUNJU 23歳11カ月という史上最年少永世称号の記録を持つ中原誠十六世名人。年間最高勝率(67年度、47勝8敗、0.855)も未だ破られていない ©BUNGEISHUNJU 地元・瀬戸市の将棋まつりで子どもたちに指導をする藤井三冠(2019年撮影) ©BUNGEISHUNJU

1996年10月~放送されたNHK朝ドラ『ふたりっ子』。 岩崎ひろみ(子役:三倉佳奈)が演じたヒロイン・香子が将棋に没頭する

賭け将棋で生活費を稼いだアマチュア「真剣師」とはどんな男たちだったのか? / photograph by Getty Images 1996年10月~放送されたNHK朝ドラ『ふたりっ子』。 岩崎ひろみ(子役:三倉佳奈)が演じたヒロイン・香子が将棋に没頭する 「最後の真剣師」と呼ばれた大田学(1914~2007年)は通天閣近くの道場で指導対局を行っていた ©Getty Images 「東海の鬼」花村元司九段(1917~1985年)。賭け将棋で強くなり、のちにプロ棋士に転向した ©KYODO 「新宿の殺し屋」小池重明(1947~1992年)。賭け将棋からアマ名人までのし上がった男の壮絶な人生とは? ©KYODO 『真剣師 小池重明』(幻冬舎)。晩年に小池の面倒を見た団鬼六が執筆 「新宿の殺し屋」小池重明(1947~1992年)。賭け将棋からアマ名人までのし上がった男の壮絶な44年間とは? ©KYODO プロになった頃の藤井竜王、自宅リビングでの貴重な1枚 ©Keiji Ishikawa 幼い頃の藤井聡太竜王が祖父と将棋をする姿 ©Keiji Ishikawa 幼い頃の藤井聡太三冠がピアノを弾く姿 ©Keiji Ishikawa ©Keiji Ishikawa 中原誠十六世名人 ©BUNGEISHUNJU 羽生善治九段 ©BUNGEISHUNJU 1983年に21歳2カ月で最年少名人になった谷川浩司九段(写真は1984年撮影) ©BUNGEISHUNJU 1962年に初の五冠独占を果たした大山康晴十五世名人(写真は1965年撮影) ©BUNGEISHUNJU 23歳11カ月という史上最年少永世称号の記録を持つ中原誠十六世名人。年間最高勝率(67年度、47勝8敗、0.855)も未だ破られていない ©BUNGEISHUNJU 地元・瀬戸市の将棋まつりで子どもたちに指導をする藤井三冠(2019年撮影) ©BUNGEISHUNJU

ページトップ