記事に戻る

「ラグビーは大好き。でもラグビー界は好きじゃない」畠山健介はなぜ軋轢を恐れず発言してきたのか…今後は“スクラムの調律師”に?

欧州や米国でのプレー経験をもとに、日本ラグビー発展に向けたアイデアを口にした畠山健介(36歳) / photograph by Kiichi Matsumoto 2015年W杯、南アフリカ撃破を喜ぶラグビー日本代表 ©︎Getty Images ニューカッスル(イングランド)時代の畠山 ©︎Getty Images ©︎Kiichi Matsumoto サントリーでは4度のリーグ優勝を経験(写真は2009年神戸製鋼戦) ©︎Tamon Matsuzono 全力で走り続けてきたラグビー人生。ひと息ついてから、新しい道のスタートをきる ©︎Kiichi Matsumoto 現役引退を表明した元ラグビー日本代表の畠山健介(36歳)プロップ歴代キャップにふさわしく、“桜色”の背景で写真に収まった ©Kiichi Matsumoto 2022年3月6日、現役ラストマッチとなったリーグワンD3第7節・中国電力レッドレグリオンズ戦 ©︎Akito Iwamoto 2008年1月、大学ラグビー選手権決勝で慶應大を破り、五郎丸歩らと「荒ぶる」を歌う早稲田大時代の畠山健介(中央) ©︎Tamon Matsuzono ©︎Kiichi Matsumoto 2011年撮影、当時25歳 ©︎Asami Enomoto 2017年、湯原さんとスクラム対談が実現 ©︎Kiichi Matsumoto 史上最大のアップセットと呼ばれた南アフリカ戦など、日本ラグビーの進化を世界に見せつけた2015年W杯。畠山は堀江翔太(右)らとセットピースで抜群の存在感を放った ©Akio Hayakawa/AFLO 2013年6月15日ウェールズ戦 ©︎Toshiya Kondo ©︎Kiichi Matsumoto 2011年5月撮影 ©︎Asami Enomoto 2012年2月撮影 ©︎Asami Enomoto ©︎Kiichi Matsumoto 2011年5月撮影 ©︎Asami Enomoto 2011年5月撮影 ©︎Asami Enomoto 2007年から11年まで日本代表のヘッドコーチを務めたジョン・カーワン ©︎Tamon Matsuzono 2011年5月撮影 ©︎Asami Enomoto 2011年5月撮影 ©︎Asami Enomoto 現役時代のジョン・カーワン(1987年ラグビーW杯準決勝・ニュージーランドvsウェールズ)©︎Kazuhito Yamada 現役時代のジョン・カーワン(1987年) ©︎Kazuhito Yamada ©︎Kiichi Matsumoto 2011年5月撮影 ©︎Asami Enomoto 2011年1月撮影 ©︎Tamon Matsuzono エディー・ジョーンズ(2011年)©︎Tamon Matsuzono 2009年1月撮影 ©︎Tamon Matsuzono 盟友・五郎丸歩との対談(2018年)©︎Takuya Sugiyama  畠山が忘れられないと語った2011年W杯で対戦したニュージーランドのスクラム。7-83と大敗を喫した ©️Getty Images 盟友・五郎丸歩との対談(2018年)©︎Takuya Sugiyama  ©︎Kiichi Matsumoto 早稲田大時代の畠山健介(2008年1月)©︎Tamon Matsuzono 2012年2月撮影 ©︎Asami Enomoto 2009年1月撮影 ©︎Takeo Momozono ©︎Kiichi Matsumoto 日本代表ヘッドコーチを務めたジョン・カーワン ©︎Tamon Matsuzono 2009年1月撮影 ©︎Tamon Matsuzono 2009年1月撮影 ©︎Tamon Matsuzono 2009年1月撮影 ©︎Tamon Matsuzono 2013年6月15日、秩父宮ラグビー場でウェールズを破った日本代表。キャップ対象試合と認めたテストマッチでホームユニオン(ウェールズ、イングランド、スコットランド、アイルランド)に勝つのは史上初の快挙だった。この日、畠山は18番をつけて後半早々に出場し、スクラムで存在感を発揮した ©︎Toshiya Kondo ©︎Kiichi Matsumoto サントリーの練習風景、エディー・ジョーンズ(2011年) ©︎Tamon Matsuzono サントリーの練習風景、エディー・ジョーンズ(2011年) ©︎Tamon Matsuzono サントリーの練習風景、エディー・ジョーンズ(2011年) ©︎Tamon Matsuzono 2011年1月撮影 ©︎Tamon Matsuzono エディー・ジョーンズ(2011年)©︎Tamon Matsuzono ©︎Kiichi Matsumoto ジョン・カーワンHC、大野均(2011年) ©︎Tamon Matsuzono ©︎Kiichi Matsumoto 2011年2月撮影 ©︎Tamon Matsuzono FWのキープレイヤーとして期待を寄せていたエディー・ジョーンズ(2014年) ©︎Takuya Sugiyama 2011年2月撮影 ©︎Tamon Matsuzono ©︎Kiichi Matsumoto 2017年1月撮影 ©︎Kiichi Matsumoto 2017年1月撮影 ©︎Kiichi Matsumoto エディー・ジョーンズ(2014年11月)©︎Takuya Sugiayma エディー・ジョーンズ(2015年3月)©︎Takuya Sugiayma ©︎Kiichi Matsumoto 2009年1月撮影 ©︎Takeo Momozono 廣瀬俊朗との対談(2019年)©︎Keiji Ishikawa エディー・ジョーンズ(2012年2月) ©︎Shirasawa Tadashi 2015年W杯初戦で南アフリカを倒した日本代表。試合後、畠山は日の丸を手にピッチを走り回って喜びを表現した ©︎CameraSport/AFLO エディー・ジョーンズ(2012年2月) ©︎Shirasawa Tadashi エディー・ジョーンズ(2012年2月) ©︎Shirasawa Tadashi エディー・ジョーンズ(2012年2月) ©︎Shirasawa Tadashi 筋トレ中のエディー・ジョーンズ(2015年12月)©︎Takuya Sugiayma エディー・ジョーンズ(2012年2月) ©︎Shirasawa Tadashi

欧州や米国でのプレー経験をもとに、日本ラグビー発展に向けたアイデアを口にした畠山健介(36歳)(photograph by Kiichi Matsumoto)

欧州や米国でのプレー経験をもとに、日本ラグビー発展に向けたアイデアを口にした畠山健介(36歳) / photograph by Kiichi Matsumoto 2015年W杯、南アフリカ撃破を喜ぶラグビー日本代表 ©︎Getty Images ニューカッスル(イングランド)時代の畠山 ©︎Getty Images ©︎Kiichi Matsumoto サントリーでは4度のリーグ優勝を経験(写真は2009年神戸製鋼戦) ©︎Tamon Matsuzono 全力で走り続けてきたラグビー人生。ひと息ついてから、新しい道のスタートをきる ©︎Kiichi Matsumoto 現役引退を表明した元ラグビー日本代表の畠山健介(36歳)プロップ歴代キャップにふさわしく、“桜色”の背景で写真に収まった ©Kiichi Matsumoto 2022年3月6日、現役ラストマッチとなったリーグワンD3第7節・中国電力レッドレグリオンズ戦 ©︎Akito Iwamoto 2008年1月、大学ラグビー選手権決勝で慶應大を破り、五郎丸歩らと「荒ぶる」を歌う早稲田大時代の畠山健介(中央) ©︎Tamon Matsuzono ©︎Kiichi Matsumoto 2011年撮影、当時25歳 ©︎Asami Enomoto 2017年、湯原さんとスクラム対談が実現 ©︎Kiichi Matsumoto 史上最大のアップセットと呼ばれた南アフリカ戦など、日本ラグビーの進化を世界に見せつけた2015年W杯。畠山は堀江翔太(右)らとセットピースで抜群の存在感を放った ©Akio Hayakawa/AFLO 2013年6月15日ウェールズ戦 ©︎Toshiya Kondo ©︎Kiichi Matsumoto 2011年5月撮影 ©︎Asami Enomoto 2012年2月撮影 ©︎Asami Enomoto ©︎Kiichi Matsumoto 2011年5月撮影 ©︎Asami Enomoto 2011年5月撮影 ©︎Asami Enomoto 2007年から11年まで日本代表のヘッドコーチを務めたジョン・カーワン ©︎Tamon Matsuzono 2011年5月撮影 ©︎Asami Enomoto 2011年5月撮影 ©︎Asami Enomoto 現役時代のジョン・カーワン(1987年ラグビーW杯準決勝・ニュージーランドvsウェールズ)©︎Kazuhito Yamada 現役時代のジョン・カーワン(1987年) ©︎Kazuhito Yamada ©︎Kiichi Matsumoto 2011年5月撮影 ©︎Asami Enomoto 2011年1月撮影 ©︎Tamon Matsuzono エディー・ジョーンズ(2011年)©︎Tamon Matsuzono 2009年1月撮影 ©︎Tamon Matsuzono 盟友・五郎丸歩との対談(2018年)©︎Takuya Sugiyama  畠山が忘れられないと語った2011年W杯で対戦したニュージーランドのスクラム。7-83と大敗を喫した ©️Getty Images 盟友・五郎丸歩との対談(2018年)©︎Takuya Sugiyama  ©︎Kiichi Matsumoto 早稲田大時代の畠山健介(2008年1月)©︎Tamon Matsuzono 2012年2月撮影 ©︎Asami Enomoto 2009年1月撮影 ©︎Takeo Momozono ©︎Kiichi Matsumoto 日本代表ヘッドコーチを務めたジョン・カーワン ©︎Tamon Matsuzono 2009年1月撮影 ©︎Tamon Matsuzono 2009年1月撮影 ©︎Tamon Matsuzono 2009年1月撮影 ©︎Tamon Matsuzono 2013年6月15日、秩父宮ラグビー場でウェールズを破った日本代表。キャップ対象試合と認めたテストマッチでホームユニオン(ウェールズ、イングランド、スコットランド、アイルランド)に勝つのは史上初の快挙だった。この日、畠山は18番をつけて後半早々に出場し、スクラムで存在感を発揮した ©︎Toshiya Kondo ©︎Kiichi Matsumoto サントリーの練習風景、エディー・ジョーンズ(2011年) ©︎Tamon Matsuzono サントリーの練習風景、エディー・ジョーンズ(2011年) ©︎Tamon Matsuzono サントリーの練習風景、エディー・ジョーンズ(2011年) ©︎Tamon Matsuzono 2011年1月撮影 ©︎Tamon Matsuzono エディー・ジョーンズ(2011年)©︎Tamon Matsuzono ©︎Kiichi Matsumoto ジョン・カーワンHC、大野均(2011年) ©︎Tamon Matsuzono ©︎Kiichi Matsumoto 2011年2月撮影 ©︎Tamon Matsuzono FWのキープレイヤーとして期待を寄せていたエディー・ジョーンズ(2014年) ©︎Takuya Sugiyama 2011年2月撮影 ©︎Tamon Matsuzono ©︎Kiichi Matsumoto 2017年1月撮影 ©︎Kiichi Matsumoto 2017年1月撮影 ©︎Kiichi Matsumoto エディー・ジョーンズ(2014年11月)©︎Takuya Sugiayma エディー・ジョーンズ(2015年3月)©︎Takuya Sugiayma ©︎Kiichi Matsumoto 2009年1月撮影 ©︎Takeo Momozono 廣瀬俊朗との対談(2019年)©︎Keiji Ishikawa エディー・ジョーンズ(2012年2月) ©︎Shirasawa Tadashi 2015年W杯初戦で南アフリカを倒した日本代表。試合後、畠山は日の丸を手にピッチを走り回って喜びを表現した ©︎CameraSport/AFLO エディー・ジョーンズ(2012年2月) ©︎Shirasawa Tadashi エディー・ジョーンズ(2012年2月) ©︎Shirasawa Tadashi エディー・ジョーンズ(2012年2月) ©︎Shirasawa Tadashi 筋トレ中のエディー・ジョーンズ(2015年12月)©︎Takuya Sugiayma エディー・ジョーンズ(2012年2月) ©︎Shirasawa Tadashi

ページトップ