記事に戻る

「相手の子どもをののしる親」「コンニャクで6キロ減量」柔道の小学生全国大会廃止、“過熱する”大人たちの本音「悪魔的な魅力あった」

全柔連は「行き過ぎた勝利至上主義」を理由に毎年8月の全国小学生学年別大会を廃止すると発表した(※写真はイメージ。本文とは関係ありません) / photograph by KYODO 柔道が初めてオリンピック競技になった1964年東京五輪。無差別級決勝、オランダ代表のアントン・ヘーシンクvs日本代表の神永昭夫 ©AFLO 1964年東京五輪、無差別級初代王者はオランダ代表のアントン・ヘーシンク。神永との決勝は9分22秒、袈裟固め一本(試合時間は15分だった) ©Getty Images 1964年東京五輪、無差別級初代王者はオランダ代表のアントン・ヘーシンク 柔道が初めてオリンピック競技になった1964年東京五輪、無差別級以外の3階級(68kg以下級・80kg以下級・80kg超級)は日本人が制した

柔道が初めてオリンピック競技になった1964年東京五輪。無差別級決勝、オランダ代表のアントン・ヘーシンクvs日本代表の神永昭夫 ©AFLO

全柔連は「行き過ぎた勝利至上主義」を理由に毎年8月の全国小学生学年別大会を廃止すると発表した(※写真はイメージ。本文とは関係ありません) / photograph by KYODO 柔道が初めてオリンピック競技になった1964年東京五輪。無差別級決勝、オランダ代表のアントン・ヘーシンクvs日本代表の神永昭夫 ©AFLO 1964年東京五輪、無差別級初代王者はオランダ代表のアントン・ヘーシンク。神永との決勝は9分22秒、袈裟固め一本(試合時間は15分だった) ©Getty Images 1964年東京五輪、無差別級初代王者はオランダ代表のアントン・ヘーシンク 柔道が初めてオリンピック競技になった1964年東京五輪、無差別級以外の3階級(68kg以下級・80kg以下級・80kg超級)は日本人が制した

ページトップ