記事に戻る

松山商「奇跡のバックホーム」から26年…ライト矢野&澤田監督がいま明かす“甲子園決勝までのドラマ”「最後まで、スタメンを誰にするか悩ませた張本人」

1996年夏の甲子園、のちのちまで「奇跡のバックホーム」と語り継がれるスーパープレーが生まれた。大返球で三塁走者を刺したのは矢野勝嗣(松山商)だ / photograph by KYODO 奇跡の“大遠投”でピンチを救った矢野ら松山商ナイン ©Takao Yamada 松山商の澤田勝彦監督(当時) ©Takao Yamada

1996年夏の甲子園、のちのちまで「奇跡のバックホーム」と語り継がれるスーパープレーが生まれた。大返球で三塁走者を刺したのは矢野勝嗣(松山商)だ(photograph by KYODO)

1996年夏の甲子園、のちのちまで「奇跡のバックホーム」と語り継がれるスーパープレーが生まれた。大返球で三塁走者を刺したのは矢野勝嗣(松山商)だ / photograph by KYODO 奇跡の“大遠投”でピンチを救った矢野ら松山商ナイン ©Takao Yamada 松山商の澤田勝彦監督(当時) ©Takao Yamada

ページトップ