記事に戻る

南野拓実に出番なしもリバプールが今季初タイトルを獲得! 「国内第2」のカップ戦決勝が「120分間、立ちっぱなし」の極上の一戦になった理由

死闘の末にチェルシーを下したリバプールが9度目のカップウイナーに。両チームの質の高い攻防は決勝に相応しいものだった / photograph by Getty Images 0-0のまま突入したPK戦は11人目までもつれ込む壮絶な展開となった©Getty Images カイ・ハバーツは“偽9番”としてハイパフォーマンスを見せた©Getty Images 1月にポルトから加入したばかりのルイス・ディアスは早くもリバプールにフィットした©Getty Images 決勝で出番は訪れなかった南野だが、今大会では4得点と優勝に大きく貢献した©Getty Images

死闘の末にチェルシーを下したリバプールが9度目のカップウイナーに。両チームの質の高い攻防は決勝に相応しいものだった(photograph by Getty Images)

死闘の末にチェルシーを下したリバプールが9度目のカップウイナーに。両チームの質の高い攻防は決勝に相応しいものだった / photograph by Getty Images 0-0のまま突入したPK戦は11人目までもつれ込む壮絶な展開となった©Getty Images カイ・ハバーツは“偽9番”としてハイパフォーマンスを見せた©Getty Images 1月にポルトから加入したばかりのルイス・ディアスは早くもリバプールにフィットした©Getty Images 決勝で出番は訪れなかった南野だが、今大会では4得点と優勝に大きく貢献した©Getty Images

ページトップ