記事に戻る

「僕にとって3000m障害は天職です」三浦龍司19歳が明かす“2つの覚悟”〈東京五輪で史上初の入賞を勝ち取って〉

東京五輪3000m障害で49年ぶりの決勝進出と日本人初の入賞を勝ち取ったのは、19歳大学2年生の三浦龍司だった / photograph by AFLO 予選レース前の三浦 ©JMPA トップ選手に引けを取らない積極的な走りを見せる ©AFLO 日本選手権にて ©Asami Enomoto ©JMPA ラスト200m付近からのスパートかける ©JMPA ©JMPA 三浦龍司選手(2020年取材当時) ©Ichisei Hiramatsu

トップ選手に引けを取らない積極的な走りを見せる ©AFLO

東京五輪3000m障害で49年ぶりの決勝進出と日本人初の入賞を勝ち取ったのは、19歳大学2年生の三浦龍司だった / photograph by AFLO 予選レース前の三浦 ©JMPA トップ選手に引けを取らない積極的な走りを見せる ©AFLO 日本選手権にて ©Asami Enomoto ©JMPA ラスト200m付近からのスパートかける ©JMPA ©JMPA 三浦龍司選手(2020年取材当時) ©Ichisei Hiramatsu

ページトップ