記事に戻る

なぜ西武に今まで“生え抜き2000本安打”がいなかった? 栗山巧に見る“ライオンズ文化”と新たな覚悟とは《清原、秋山、和田、松井稼は他球団で》

西武で初となる2000本安打を達成した栗山巧の、プロ初安打(2004年9月) / photograph by Kyodo News 1986年日本シリーズ制覇時の森監督の胴上げ ©Makoto Kemizaki 西武時代の秋山幸二 ©Koji Asakura 西武時代の清原 ©Koji Asakura 西武時代の石毛と辻 ©Masato Daito 2004年日本シリーズで松坂と抱き合う和田 ©Hideki Sugiyama 中村(左)と栗山(右)は同い年の同期入団だ ©JIJI PRESS

西武で初となる2000本安打を達成した栗山巧の、プロ初安打(2004年9月)(photograph by Kyodo News)

西武で初となる2000本安打を達成した栗山巧の、プロ初安打(2004年9月) / photograph by Kyodo News 1986年日本シリーズ制覇時の森監督の胴上げ ©Makoto Kemizaki 西武時代の秋山幸二 ©Koji Asakura 西武時代の清原 ©Koji Asakura 西武時代の石毛と辻 ©Masato Daito 2004年日本シリーズで松坂と抱き合う和田 ©Hideki Sugiyama 中村(左)と栗山(右)は同い年の同期入団だ ©JIJI PRESS

ページトップ