記事に戻る

<世界ランク1位を襲った試練>全治6カ月の重症でも決勝T進出…フクヒロペアを支えた世界一の信頼関係

29日、中国ペアとの準々決勝の試合中に笑顔を絶やさなかった福島由紀(左)、廣田彩花(右)のフクヒロペア / photograph by JIJI PRESS 右膝の装具も痛々しい姿で戦い抜いた廣田。医師の診断は全治6カ月だったという ©Getty Images ©Takuya Sugiyama ©Takuya Sugiyama ©Shigeki Yamamoto ©Shigeki Yamamoto ©Takuya Sugiyama

右膝の装具も痛々しい姿で戦い抜いた廣田。医師の診断は全治6カ月だったという ©Getty Images

29日、中国ペアとの準々決勝の試合中に笑顔を絶やさなかった福島由紀(左)、廣田彩花(右)のフクヒロペア / photograph by JIJI PRESS 右膝の装具も痛々しい姿で戦い抜いた廣田。医師の診断は全治6カ月だったという ©Getty Images ©Takuya Sugiyama ©Takuya Sugiyama ©Shigeki Yamamoto ©Shigeki Yamamoto ©Takuya Sugiyama

ページトップ