記事に戻る

「命懸け」「アリ地獄」でも藤井聡太二冠は“39勝1敗”… 中村太地七段が語る将棋「順位戦」の恐ろしさと重み

藤井聡太二冠は2019年、順位戦デビュー後18戦全勝という記録を樹立している / photograph by Kyodo News 順位戦では安定した強さが求められるという(写真はイメージです)©Nanae Suzuki Number783号に掲載された、藤井九段と藤井システムの基本型の1つ タイトル戦に臨みながら、順位戦も勝ち続ける凄みを見せる藤井二冠©Takuya Sugiyama 巨人・丸は将棋好きで知られる一方、毎シーズンのように安定した成績を残している©Hideki Sugiyama 第69期名人戦。「森内俊之vs羽生善治」は言わずと知れた将棋界の黄金カードだ ©Tadashi Shirasawa 1982年頃の加藤一二三九段©Koji Kakuta

藤井聡太二冠は2019年、順位戦デビュー後18戦全勝という記録を樹立している(photograph by Kyodo News)

藤井聡太二冠は2019年、順位戦デビュー後18戦全勝という記録を樹立している / photograph by Kyodo News 順位戦では安定した強さが求められるという(写真はイメージです)©Nanae Suzuki Number783号に掲載された、藤井九段と藤井システムの基本型の1つ タイトル戦に臨みながら、順位戦も勝ち続ける凄みを見せる藤井二冠©Takuya Sugiyama 巨人・丸は将棋好きで知られる一方、毎シーズンのように安定した成績を残している©Hideki Sugiyama 第69期名人戦。「森内俊之vs羽生善治」は言わずと知れた将棋界の黄金カードだ ©Tadashi Shirasawa 1982年頃の加藤一二三九段©Koji Kakuta

ページトップ