記事に戻る

「あの宇和島東の鈴木って、誰?」大学恩師が語るマラソン鈴木健吾25歳、“無名”の高校時代から“日本新”までの10年間

2月28日びわ湖毎日マラソン。日本新記録で優勝した鈴木健吾(富士通) / photograph by JIJI PRESS 大学2年の箱根駅伝(2016年)では2区を任された。区間14位という結果に終わる ©BUNGEISHUNJU 大学3年の箱根駅伝(2017年)では前年と同じく2区を走り、見事に区間賞を獲得した。写真は3区越川堅太(右)にタスキをつなぐシーン ©BUNGEISHUNJU 2017年の全日本大学駅伝、優勝を喜ぶ神奈川大・大後監督(左端)と鈴木健吾(左から2番目)ら ©KYODO 2019年9月のMGCは2時間12分44秒で7位だった ©BUNGEISHUNJU MGCを7位で終えて安堵の表情を見せた鈴木 ©BUNGEISHUNJU 2017年の全日本大学駅伝。20年ぶりの優勝を決め、胴上げされる神奈川大のアンカー鈴木健吾 ©KYODO

2月28日びわ湖毎日マラソン。日本新記録で優勝した鈴木健吾(富士通)(photograph by JIJI PRESS)

2月28日びわ湖毎日マラソン。日本新記録で優勝した鈴木健吾(富士通) / photograph by JIJI PRESS 大学2年の箱根駅伝(2016年)では2区を任された。区間14位という結果に終わる ©BUNGEISHUNJU 大学3年の箱根駅伝(2017年)では前年と同じく2区を走り、見事に区間賞を獲得した。写真は3区越川堅太(右)にタスキをつなぐシーン ©BUNGEISHUNJU 2017年の全日本大学駅伝、優勝を喜ぶ神奈川大・大後監督(左端)と鈴木健吾(左から2番目)ら ©KYODO 2019年9月のMGCは2時間12分44秒で7位だった ©BUNGEISHUNJU MGCを7位で終えて安堵の表情を見せた鈴木 ©BUNGEISHUNJU 2017年の全日本大学駅伝。20年ぶりの優勝を決め、胴上げされる神奈川大のアンカー鈴木健吾 ©KYODO

ページトップ