記事に戻る

中村憲剛&曽ヶ端準、18年以上「ワン・クラブ・マン」は史上7人だけ…2020年引退した“仕事人”列伝

2020年オフ、多くのプロサッカー選手が現役を引退した / photograph by Kiichi Matsumoto/Toshiya Kondo 18年間、川崎フロンターレ一筋の現役生活だった中村憲剛 ©︎J.LEAGUE ロンドン五輪では、吉田麻也とともにオーバーエイジ枠で選出。ベスト4進出に貢献した徳永悠平 ©Toshiya Kondo 名門暁星学園高校からジュビロ磐田に加入。2009年には得点王に輝き、チームを牽引した前田遼一 ©Toshiya Kondo サンフレッチェ広島時代(2015年) ©Kiichi Matsumoto ともに鹿島のゴールを守った曽ヶ端(左)と内田(中央)が2020年に現役を引退することになった ©Tomoki Momozono

18年間、川崎フロンターレ一筋の現役生活だった中村憲剛 ©︎J.LEAGUE

2020年オフ、多くのプロサッカー選手が現役を引退した / photograph by Kiichi Matsumoto/Toshiya Kondo 18年間、川崎フロンターレ一筋の現役生活だった中村憲剛 ©︎J.LEAGUE ロンドン五輪では、吉田麻也とともにオーバーエイジ枠で選出。ベスト4進出に貢献した徳永悠平 ©Toshiya Kondo 名門暁星学園高校からジュビロ磐田に加入。2009年には得点王に輝き、チームを牽引した前田遼一 ©Toshiya Kondo サンフレッチェ広島時代(2015年) ©Kiichi Matsumoto ともに鹿島のゴールを守った曽ヶ端(左)と内田(中央)が2020年に現役を引退することになった ©Tomoki Momozono

ページトップ