記事に戻る

箱根駅伝「沿道応援」、“85%減”だけど“18万人”をどう見るべきか…東京五輪開催への視線は厳しくなった?

前回大会のスタート直後(左)と今大会のスタート直後。沿道応援の数は85%減少したというが、これをどう評価すべきか / photograph by Nanae Suzuki 総合優勝を果たした駒澤大 (C)JMPA 前回大会スタート直後 (C)Nanae Suzuki 今大会スタート直後 (C)Nanae Suzuki 今大会ゴール直前 (C)JMPA (C)JMPA (C)JMPA (C)JMPA (C)JMPA (C)JMPA (C)JMPA (C)JMPA

前回大会のスタート直後(左)と今大会のスタート直後。沿道応援の数は85%減少したというが、これをどう評価すべきか(photograph by Nanae Suzuki)

前回大会のスタート直後(左)と今大会のスタート直後。沿道応援の数は85%減少したというが、これをどう評価すべきか / photograph by Nanae Suzuki 総合優勝を果たした駒澤大 (C)JMPA 前回大会スタート直後 (C)Nanae Suzuki 今大会スタート直後 (C)Nanae Suzuki 今大会ゴール直前 (C)JMPA (C)JMPA (C)JMPA (C)JMPA (C)JMPA (C)JMPA (C)JMPA (C)JMPA

ページトップ