記事に戻る

「2020」に向けた戦いが、日本で初開催。注目のトップクライマーたちを一挙紹介。

昨年オーストリアで行われた世界選手権。今夏は東京・八王子で開催される。 / photograph by Sytse van Slooten - IFSC W杯シャモニー大会でも、ボルダリングで圧倒的な強さを見せたヤーニャ・ガンブレット(スロベニア)。 昨年の世界選手権でも表彰台に上がったグレゴール・ベゾニク(スロベニア)は、今大会の“台風の目”だ。 6月に開催されたアメリカ・ベイルでのW杯ボルダリングで優勝した緒方良行。 リード種目ではソ・チェヒョン(韓国)ら若きアジア勢の活躍が期待される。 前回大会金メダリストのレザ・アリプアシェナ(イラン)。スピード種目の記録争いも見逃せない。 エリザヴェータ・イヴァノワ(ロシア)らスピードの女王たちの戦いのゆくえにも注目したい。

昨年オーストリアで行われた世界選手権。今夏は東京・八王子で開催される。(photograph by Sytse van Slooten - IFSC)

昨年オーストリアで行われた世界選手権。今夏は東京・八王子で開催される。 / photograph by Sytse van Slooten - IFSC W杯シャモニー大会でも、ボルダリングで圧倒的な強さを見せたヤーニャ・ガンブレット(スロベニア)。 昨年の世界選手権でも表彰台に上がったグレゴール・ベゾニク(スロベニア)は、今大会の“台風の目”だ。 6月に開催されたアメリカ・ベイルでのW杯ボルダリングで優勝した緒方良行。 リード種目ではソ・チェヒョン(韓国)ら若きアジア勢の活躍が期待される。 前回大会金メダリストのレザ・アリプアシェナ(イラン)。スピード種目の記録争いも見逃せない。 エリザヴェータ・イヴァノワ(ロシア)らスピードの女王たちの戦いのゆくえにも注目したい。

ページトップ