記事に戻る

日本マラソン復活へ金哲彦が提言!世界と戦うには何が必要なのか?

ロンドン五輪最終日の8月12日に行われた男子マラソン。日本勢として2大会ぶりの入賞を果たした中本(6位)は、「“マラソンの日本”を復活させたい」と語ったが、その道のりは険しい。 / photograph by Kaoru Watanabe/JMPA 金哲彦 Kin Tetsuhiko 
1964年生まれ。早大時代は箱根駅伝で2度の優勝に貢献。卒業後はリクルートで活躍。現在NPO法人ニッポンランナーズ理事長。プロ・ランニングコーチとして幅広い層を指導する他、駅伝・マラソン中継の解説、執筆などでも活躍。メルマガ「金哲彦の『忙しい大人のためのランニング講座』」を好評配信中。

金哲彦 Kin Tetsuhiko 1964年生まれ。早大時代は箱根駅伝で2度の優勝に貢献。卒業後はリクルートで活躍。現在NPO法人ニッポンランナーズ理事長。プロ・ランニングコーチとして幅広い層を指導する他、駅伝・マラソン中継の解説、執筆などでも活躍。メルマガ「金哲彦の『忙しい大人のためのランニング講座』」を好評配信中。

ロンドン五輪最終日の8月12日に行われた男子マラソン。日本勢として2大会ぶりの入賞を果たした中本(6位)は、「“マラソンの日本”を復活させたい」と語ったが、その道のりは険しい。 / photograph by Kaoru Watanabe/JMPA 金哲彦 Kin Tetsuhiko 
1964年生まれ。早大時代は箱根駅伝で2度の優勝に貢献。卒業後はリクルートで活躍。現在NPO法人ニッポンランナーズ理事長。プロ・ランニングコーチとして幅広い層を指導する他、駅伝・マラソン中継の解説、執筆などでも活躍。メルマガ「金哲彦の『忙しい大人のためのランニング講座』」を好評配信中。

ページトップ