SCORE CARDBACK NUMBER

35歳の“新人”、建山義紀。
高揚と冷静の狭間で。
~レンジャーズでのサバイバル~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2011/03/10 06:00

35歳の“新人”、建山義紀。高揚と冷静の狭間で。~レンジャーズでのサバイバル~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

2月27日のロイヤルズ戦で、オープン戦初登板。マダックス投手コーチは及第点を与えた

「なんとなくウキウキしていると言うか、もっと落ち着かなきゃいけないな、と思うんです」

 プロ13年目、35歳のレンジャーズ建山義紀は、キャンプ地アリゾナの真っ青な空の下で目を輝かせながら言った。メジャーでも屈指の充実した施設で汗を流す毎日は、新鮮かつ刺激的で、高揚感は隠しようがなかった。

 セットアッパーという役割もあり、昨オフ、メジャー挑戦の意思を表明した時点で、建山への注目度はさほど高くなかった。その一方で、レンジャーズは早い時期から建山のメジャー志向をつかみ、入念な調査を続けていた。アジア担当スカウトの視察は30試合以上に及んだという。昨季、日本ハムで58試合に登板し、自己ベストの防御率1.80の好成績を残したことで、獲得方針は即座に固まった。実際、昨年10月には建山自身がジャイアンツとのワールドシリーズを現地で観戦、11月30日に契約を結んだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 514文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ルーキー秘話。~プロ野球大型新人伝説~

関連記事

建山義紀
テキサス・レンジャーズ

MLBの前後の記事

ページトップ