ボクシングPRESSBACK NUMBER

井上尚弥の対策は? その時、最強王者フルトンはなぜ“ニヤリ”と笑ったのか…“世紀の一戦”を前に激白「オレの方がより賢明なボクサーだ」 

text by

杉浦大介

杉浦大介Daisuke Sugiura

PROFILE

photograph byL)Hiroaki Yamaguchi R)JIJI PRESS

posted2023/06/30 11:03

井上尚弥の対策は? その時、最強王者フルトンはなぜ“ニヤリ”と笑ったのか…“世紀の一戦”を前に激白「オレの方がより賢明なボクサーだ」<Number Web> photograph by L)Hiroaki Yamaguchi R)JIJI PRESS

井上尚弥との対戦まで1カ月を切った今、フルトンは何を語ったのか。井上の負傷によって“延期”となったことにも言及した

――井上の過去の試合は何戦見たんですか?

SF 1試合を通じて見たのは3戦かな。ドネアとの2試合と、あとは最新のポール・バトラー(英国)戦だ。

――先ほど話があったように、井上はドネア初戦でキャリア最大の苦戦を味わいました。ところが再戦ではあっさりと2ラウンドで決着をつけてしまったことに驚かされましたか?

SF いや、驚きはしなかった。ドネアのような選手との初対決では、慎重に戦わなければいけない。だからAゲーム(最高の出来)を見せるのは難しい。それが2度目の対戦では、もうアジャストメントはすでに完了している。相手がどんな戦い方で臨んでくるかを知り、準備ができているものだ。だからリマッチがああいった形で終わっても、俺には驚きではなかった。

アウェー戦への不安は「特にない」

――あなたも井上への対策を進めていると思いますが、差し支えがなければスパーリングパートナーは誰が務めているのかを教えてもらえますか?

SF 複数の選手を起用しているよ。(ニヤリと笑い)たくさんの選手だ。

――いつか日本で戦うことを予期していたということですが、今回は完全に敵地での戦いになります。アウェー戦ゆえの不安材料はありますか?

SF いや、特にない。俺が公平に扱われるかどうか、心配している人がたくさんいるのはわかっている。ただ、俺自身はまったく気にしていない。そう言う方が格好いいからとかではなく、本当に気にならないんだ。キャリアを通じて俺はリスクを冒し続け、そのおかげでここまで辿り着けたとわかっているから。自分自身を信じることができていて、重要なのはそれだけだ。

――ただ、敵地では思った通りの採点が出ないことがあります。今回の試合ではKOを狙うか、より明白な山場を作りにいくのでしょうか?

SF どうなるかはわからない。すべてはリング上で、俺がどう感じるか次第だ。もしもKOできると思ったら、それを狙いにいく。ただ、井上のような選手を相手にした際、ただKOを目指して戦うべきではない。辛抱強く、賢明に戦わなければいけないことはわかっている。

【次ページ】 「俺はただ自分のために戦う」

BACK 1 2 3 4 NEXT
井上尚弥
スティーブン・フルトン
ノニト・ドネア
ポール・バトラー

ボクシングの前後の記事

ページトップ