酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

〈ドラフト〉“安定したサラリーマン生活”を捨てた21歳… 独立L愛媛で指名を待つ“強打の捕手、190cmスピンが利いた右腕”とは 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byKou Hiroo

posted2022/10/17 20:01

〈ドラフト〉“安定したサラリーマン生活”を捨てた21歳… 独立L愛媛で指名を待つ“強打の捕手、190cmスピンが利いた右腕”とは<Number Web> photograph by Kou Hiroo

独立リーグ愛媛の玉置隼翔(左)と上甲凌大。ドラフト指名を待つ

「正直に言うと、社会人の方がレベルは高いかなと思うんです。都市対抗の本戦に出場が決まって、JR西日本さんなど他チームのエース級の方に補強で来ていただいたんですが、すごくレベルが高くて、その方々の球を受けて本当に勉強できました。

 でも、自分自身のレベルは3年目でもレベルアップしていないのではと思ったので、プロに行くなら独立リーグだと思ったんです。試合数も多いし、スカウトの方も見に来てくださいますから」

――自分の売りは?

「肩だと思っています。そこだけは負けないようにしたい。盗塁阻止は投手との関係もありますが、二塁送球のタイムでは他のキャッチャーには負けていないと思います。

 特に後半戦からは投手とのコミュニケーションもしっかりとれるようになって、リードもできてきたと思います。

 長打も売りだったんですが、バッティングは思ったより結果が出てなくて、苦戦しているんですが、やっぱり当たったときの飛距離は、負けないようにしたいと思っています。社会人と違って試合が続いているんで、毎日毎日しっかり準備をして打席に入るのが重要ではないかと思います」

安定したサラリーマンの生活を捨てての“勝負の年”

 上甲の今季成績は、57試合184打数48安打3本塁打21打点、打率.261。5月には3本塁打を打って注目されたが、本塁打は以後出ていない。

「弓岡監督は、選手のプレースタイルをあれこれいじることはなく、伸び伸びやらせていただいています。配球も全部任せてくださいます。社会人のときとはこの点も違いますね」

 安定したサラリーマンの生活を捨てての“勝負の年”だが、家族はどう思っているのだろうか?

「やっぱり両親は本当に一番応援してくれているので、今年ドラフトで指名されて、プロで活躍することが恩返しだと思っています」

 徳島インディゴソックスから西武に入団した古市尊は、徳島時代は正捕手とも言えなかったが“鉄砲肩”で育成ドラフト入りを果たした。独立リーグからNPBに行くには「一芸に秀でている」ことが重要だ。

「自分もそう思います。だから“肩を見てくれ”と言いたいですね。もちろん、まだ足りない部分もあるでしょうが、プロ入りしてステップとか足の運びとかを学べたら、もっともっと速くなると思っています。そこをアピールして、何とかドラフト指名を勝ち取りたいですね」

 肩の良い捕手はどの球団でも何人いても良いタイプだ。前向きで元気な性格は伸び盛りの若手投手陣がいるオリックスや、甲斐拓也がやや苦しんでいるソフトバンクなどにとっても魅力的ではないか。

 ただ、いずれにしても厳しい競争を勝ち抜くことが前提になる。持ち前の積極性、明るさで未来を切り開いてほしい。

<徳島編から続く>

#1から読む
ドラフトは「当然、育成指名OKです」「24歳は“プロ入りする限界”かなと」独立L徳島の“隠し玉候補な俊足巧打+明大卒右腕”の本心
この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
愛媛マンダリンパイレーツ
玉置隼翔
弓岡敬二郎
上甲凌大

プロ野球の前後の記事

ページトップ