新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『グランマ・ゲイトウッドのロングトレイル』3300km踏破したおばあちゃんのたくましく、無謀で無敵な半生。 

text by

中島英摩

中島英摩Emma Nakajima

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2022/01/18 07:00

『グランマ・ゲイトウッドのロングトレイル』3300km踏破したおばあちゃんのたくましく、無謀で無敵な半生。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『グランマ・ゲイトウッドのロングトレイル』ベン・モンゴメリ著 浜本マヤ訳 山と渓谷社 2640円

 エベレストに挑戦した登山家の「そこに山があるから」という名言はあまりにも有名だが、山好きにとって、なぜ山に登るのかという問いは愚問である。67歳のエマ・ゲイトウッドは「ただ、楽しそうだと思ったから」と答えたという。

 3300kmにも渡るアメリカのアパラチアン・トレイル初の女性スルーハイカーであり、ハイカー達の生ける伝説、エマおばあちゃん。物語は、彼女を取り巻く過去の不運な家庭環境の回顧録や、1887年~1973年当時の時代背景と共に旅路を進めていく。若い頃から苦労を重ね、夫からの暴力に耐える日々。目を覆いたくなるような残酷な状況下でも、彼女の芯の強さが垣間見える。どんな境遇にあろうとも「自分を持っている」、それが彼女の強さだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 659文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

エマ・ゲイトウッド

他競技の前後の記事

ページトップ