SCORE CARDBACK NUMBER

プホルスが古巣で“ラストツアー”。招くのは士気低下か、相乗効果か。

posted2022/04/18 07:00

 
プホルスが古巣で“ラストツアー”。招くのは士気低下か、相乗効果か。<Number Web> photograph by AFLO

昨季途中からドジャースに移籍し、109試合に出場したプホルス。打率.236、17本塁打、50打点の成績に終わった

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

AFLO

 現役最多の3301安打、679本塁打の記録を持つアルバート・プホルスが、キャンプイン後、古巣カージナルスと契約した。3月30日、フロリダ州ウェストパームビーチで行われたナショナルズとのオープン戦に初出場したプホルスは、感慨深げに復帰戦を振り返った。

「リアルな試合に戻れていい気分だね。メジャーの投手と対戦して、ヤディ(モリーナ)や他のみんなと一緒にメジャーリーグのユニホームで戻れていい気持ち。すごくすばらしいチームだし、できることなら、今季はいい時間を過ごしたいね」

 1999年、ドラフト13巡目でカージナルス入りしたプホルスは、メジャーデビューした'01年、打率3割2分9厘、37本塁打、130打点を挙げ、文句なしでナ・リーグ新人王に輝いた。その後、不動の主砲となって以来、MVP3回をはじめ、2度のワールドシリーズ制覇など、常にスポットライトを浴び続けた。だが、エンゼルスに移籍した'12年以降はタイトルとも無縁で、プレーオフ出場も'14年の1回のみ。大谷翔平がDHとして定着したことで、昨年5月には、プレー機会を求めて、ドジャースへと移籍した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 436文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

アルバート・プホルス
セントルイス・カージナルス

MLBの前後の記事

ページトップ