SCORE CARDBACK NUMBER

3Rで再戦を制し、王座奪回。寺地拳四朗が見せた衝撃の変身。

posted2022/04/04 07:00

 
3Rで再戦を制し、王座奪回。寺地拳四朗が見せた衝撃の変身。<Number Web> photograph by KYODO

舞台も同じ京都市体育館で行われた再戦で、寺地は左ジャブで抵抗する矢吹を圧倒しKO勝ち。雄叫びを上げる

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

KYODO

「その手があったか……」

 試合が始まってすぐ、挑戦者の寺地拳四朗がこれまでのイメージを一新する攻撃的な戦法を採り、チャンピオンの矢吹正道にプレッシャーをかけ続ける姿を観たときの感想がこれである。

 昨年の「年間最高試合」ながらラフファイトが論議を呼んだ因縁の再戦。前回王座を追われた寺地が3回、右ストレートを矢吹のアゴに叩き込みKO勝ち。リベンジを果たすとともにWBC世界ライトフライ級王座を半年ぶりに奪回した。

 寺地の戦法の変更は、サプライズと言われた。しかし、アマチュア時代の寺地を知っていればすぐ思い出せるだろう。関西学生リーグで活躍した頃は、3ラウンド休みなく手を出し続ける典型的なファイター型だったのだ。それゆえプロ転向以降、距離を保って戦うボクサー型にチェンジした方が驚きで、むしろ本家返りしたようなものだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 533文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

寺地拳四朗

ボクシングの前後の記事

ページトップ