SCORE CARDBACK NUMBER

“超新星”ワリエワの登場で生まれたロシア女子たちの新たな境界線。

posted2021/11/24 07:00

 
“超新星”ワリエワの登場で生まれたロシア女子たちの新たな境界線。<Number Web> photograph by AFLO

昨季はジュニアながらロシア選手権で準優勝。平昌五輪のザギトワに続く、15歳の金メダリストの誕生となるか

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

AFLO

 4年に一度の五輪にピークが来るかどうかは、運命としか言い様がない。短命といわれる女子フィギュアでは、昨季の世界女王アンナ・シェルバコワですら話題の陰に隠れている。今、スポットライトのもとにいるのはシニアデビューしたばかりの15歳、カミラ・ワリエワだ。

 ワリエワは13歳の時に4回転トウループをジュニアGPで成功。'20年世界ジュニアでは、ジュニア歴代最高点となる227.30点を叩き出し、早くから北京五輪の金メダル最有力と噂されてきた。

 そして今季、ワリエワは前評判を超える勢いで歴史を塗り替えている。GP初参戦となるスケートカナダでは、4回転サルコウ1本とトウループ2本、そしてトリプルアクセルを成功。それも両手を挙げた姿勢で、だ。長い手足とバレエで培った表現力もあり演技構成点はすべて9点台をマーク。アリョーナ・コストルナヤが'19年に記録した当時の世界歴代最高点247.59点を大幅に上回る、265.08点で優勝した。会見ではあどけない笑顔で語った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 485文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

カミラ・ワリエワ
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ