バレーボールPRESSBACK NUMBER

《V6結成》が“予定調和のスポーツ中継”を変えた? 1995年バレーW杯のウラ話「ジャニーさんが、誰がいいと思う?って」 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byKYODO

posted2021/11/01 11:00

《V6結成》が“予定調和のスポーツ中継”を変えた? 1995年バレーW杯のウラ話「ジャニーさんが、誰がいいと思う?って」<Number Web> photograph by KYODO

1995年ワールドカップでアタックを決める中垣内祐一(前・男子代表監督)。大会サポーターにV6を起用することで、バレーボールへの関心を高めた

 現場で取材する記者の立場から言えば、試合直前に会場が暗転し、大音量で行われるライブショーは必ずしも好ましいものではない。

 ただ、筆者がワールドカップの取材をするようになったのはV6がイメージキャラクターを務めていた時代よりも後になってのことだが、その時々にアイドルの彼らが準備を重ね、日本人記者すら数えるほどしかいない外国勢同士の試合後の記者会見でメモを取る姿を見て、正直何度も驚かされた。

 アイドルがスポーツに介入することを必ずしも好意的に捉える人ばかりではないが、彼らの真面目に取り組む姿勢は本物で、それはきっと、先駆者となったV6が残した系譜でもあったのではないか。そう問うと、松野氏も同じ見解を示した。

「彼らはいつも真面目で、本当に仲が良い。何より、V6はみんな人間もいいんですよね。岡田(准一)と森田(剛)の2人は本当におとなしくてね。三宅(健)は社交的だったから盛り上げてくれて、トニセンの3人(坂本昌行、長野博、井ノ原快彦)が面倒見て、全体を見守る。当時から役割がちゃんとできていましたよね。

 いつだったか、別の仕事で一緒になった岡田が楽屋で『アイドルなんて長くやれないだろうから、俺、ソムリエになりたいんですよ』と言いながらワイン本を読んでいた。そんな岡田も気づけば40歳。いい役者さんになった。

 バレーボールファンの方からすればバレーボールから生まれたV6。でも違う角度から見ればジャニーズのアイドルであるV6。ジャニーさんの見せ方もうまかった。メンバーもお互い認め合って、26年か。(デビュー日でもある)11月1日の最後は、盛り上がるでしょうね」

 メンバー最年少で当時高校生だった岡田准一は40歳になり、最年長のリーダー坂本昌行は50歳になった。そんな6人のラストコンサートに、松野氏も足を運ぶという。バレーボール界へ新たな扉を開いた同志として。応接室に写真が並べられた始まりだけでなく、眩いライトの中で迎える最後の瞬間も見届ける。

 面白かった、と。温かな拍手で。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
V6
坂本昌行
長野博
井ノ原快彦
三宅健
森田剛
岡田准一
松野博文
松平康隆
三宅正治
古舘伊知郎

バレーボールの前後の記事

ページトップ