村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『虫とゴリラ』「わからない」でいい、という第一人者から得た学び。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/10/06 07:00

『虫とゴリラ』「わからない」でいい、という第一人者から得た学び。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『虫とゴリラ』養老孟司 山極寿一著 毎日新聞出版 1650円

 解剖学者で虫を研究している養老孟司さんと霊長類・人類学者でゴリラを研究している山極寿一さんの対談本。読み終えての率直な感想は、まずもって「自分の好きなことを一生懸命にやって生きるって素晴らしいな」でした。研究に注ぐお二人の好奇心や情熱には尊敬の念を抱きます。

 虫とゴリラにおける歴史や生態を語りつつ、その観点から「人間」と照らし合わせていきます。ヒトが誕生するずっと前から地球に住んでいて、生物としては違っていても大切にしていることには共通点も少なくない。地球にとって人間は特別な存在というわけでもないんだなとあらためて納得させられました。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 625文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ