欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

「タケフサ・クボ」のアナウンスにレアル本拠地は期待の拍手…負傷も久保建英とライバルが見せたハイクオリティ〈激写〉
 

text by

中島大介

中島大介Daisuke Nakashima

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2021/09/28 17:02

「タケフサ・クボ」のアナウンスにレアル本拠地は期待の拍手…負傷も久保建英とライバルが見せたハイクオリティ〈激写〉<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima

マドリー戦で負傷交代になったものの、得点に絡んだ久保建英

ベンゼマとの接触シーン直後に痛そうな表情を

 最終ラインで久保がボールをカット、そのまま持ち運びます。パスを奪われたベンゼマが必死に追いかけ、ボールを奪い返しにきたところで、接触がありました。激しい接触には見えませんでしたが……その直後から、久保は右膝に痛みを感じているようでした。

 マジョルカのゴールから4分後、あっさりとアセンシオにこの日2ゴール目を奪われ点差を開かれます。同点に追いつこうとするタイミングでの失点に、久保は天を見上げて大きく息をつきました。

 前半終了間際、久保からのクロスをホッペとナチョが競り合います。遅れたナチョの頭がホッペの頭部に入ります。試合はそのまま続きますが、クルトワが心配して試合を止めさせました。その間にも、久保とイ・カンインがコミュニケーションを取っています。

ビニシウス、アセンシオらが貫禄のプレー

 マドリーに目を移すと……何かとドリブル突破が注目されるビニシウスですが、DFからの激しいチャージにもしっかりボールを収め、中の動き出しを作るようなプレーもこの日は見受けられました。

 前半終了とともにピッチを後にした久保ですが、ベンゼマとの接触後も激しくプレーを続けていました。それだけに負傷の状態が気がかりですが……。

 ハーフタイムにもピッチコンディションを整備します。後半もマドリーの攻勢が続きました。

 後半に入ってからはマドリーの強さが目立つ展開となりました。開始から5分、サイドからのパスをベンゼマが流し込みますが、VARによって取り消されます。

この日ハットトリックのアセンシオと、ゴール・アシスト両面でチームに貢献する、絶好調のビニシウス。

 ウルグアイ代表バルベルデの突破、マジョルカ守備陣の激しいマークに倒されながらもゴールを狙うロドリゴ。ベンゼマのお膳立てからゴールを挙げるアセンシオと、CLが控える過密日程の中でそれぞれが力を見せつけました。

 意図的かどうか分かりませんでしたが、最終ラインからのロングボールに対して、ベンゼマが2人の屈強なDFに挟まれた状態で背中でコントロール。そのままゴールに流し込んで5-1。その直後、お役御免でスタンディングオベーションの中ピッチを後にしました。

 DFライン裏に出されたボールが簡単にビニシウスに繋がります。6点目のイスコのゴールをアシスト。今季5ゴールという結果を出しているので、無理にシュートにいかずパスを選択するなど、良さを引き出しています。ペナルティエリア内でもボールをコントロールしつつ余裕を見せていたのが印象的でした。

 最後までマドリーの猛攻は続き、途中出場のヨビッチもゴールを狙い、マジョルカはなんとか体を張って守るという状態でした。結局、6-1で大勝したマドリー。他の選手がロッカーに戻る中、守護神のクルトワはグラウンドを1周してファンに感謝を伝えていました。

欧州蹴球名鑑 2021-2022

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number PLUS October 2021 EURO

欧州蹴球名鑑 2021-2022

メッシ、ロナウドなど大物移籍情報含め、チームスタッツ、選手の推定市場価格やデータ比較も掲載してリニューアル! リーグ展望や各チームの詳細な情報はもちろんのこと、注目のクラブ、トピックに関する面白コラムも満載。データから読み物まで1年中楽しめる、ファン必携の一冊です。

定価:本体1320円(税込)目次ページへ

関連記事

BACK 1 2 3
久保建英
マジョルカ
レアル・マドリー
マルコ・アセンシオ
ビニシウス・ジュニオール
ロドリゴ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ