オリンピックへの道BACK NUMBER

“男女混合ペア”はコンビ歴が長いほうが強い? “わたがし”ペアは10年目で銅、フィギュア三浦・木原は3年目でもスゴい 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2021/09/29 11:03

“男女混合ペア”はコンビ歴が長いほうが強い? “わたがし”ペアは10年目で銅、フィギュア三浦・木原は3年目でもスゴい<Number Web> photograph by Getty Images

(左)東京五輪で銅メダルを獲得した渡辺・東野ペア(右)フィギュアスケートで成長著しい三浦・木原ペア

 その「息」とは、リードの言う、コミュニケーション等があてはまるだろう。あるいは伊藤が言う「お互い言い合える」関係であることも含まれる。渡辺と東野が10年に及ぶキャリアを築けたのも、「組んだ瞬間から、練習していなくても息が合いましたし、コンビネーションもよくて」(東野)と言うように、息が合ったからにほかならない。相性と言い換えてもいいかもしれない。

フィギュア木原は三浦と出会い、現役続行を決意

 そして相性のよさが、速やかに伸びていく土台となる。

 三浦と木原は、2019年8月に結成を発表し、3シーズン目を迎える。昨シーズンの世界選手権では10位の好成績を残し、今回のオータム・クラシックの得点は、昨シーズンの世界選手権では5位相当となる。急速な成長を支えるのも、相性という土台があるからだ。

 木原は前のペアを解消したあと、引退を考えたこともあるという。その中で三浦のオファーによりトライアウトを実施。相性のよさを感じて結成することを決意している。

 世界選手権に続き、今春の世界国別対抗戦で好演技を披露したあと、三浦はこう語っている。

「ほんとうに信頼できるからこそ、うまくかみ合うんだと思います」

 さまざまな競技を見れば、順序としては、相性のよさが最初に来るのだろう。その上で、年数を重ねて成長していくことが重要だから、キャリアの長さも鍵を握る。ただ、相性がぴたりとはまるなら、短時間でも伸びていける。

 そういう意味では、「出発点」がなによりも大切だと言えるのかもしれない。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
水谷隼
伊藤美誠
三浦璃来
木原龍一
渡辺勇大
東野有紗
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ