ラストマッチBACK NUMBER

<現役最終戦に秘めた思い(19)>海老沼匡「優勝で果たした古賀稔彦との約束」

posted2021/08/11 07:01

 
<現役最終戦に秘めた思い(19)>海老沼匡「優勝で果たした古賀稔彦との約束」<Number Web> photograph by KYODO

最後の試合となった今年4月の体重別で了徳寺大学職員の大吉賢を破り、同大会73kg級で初優勝を飾った

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

KYODO

「オリンピックで金メダル」の夢は叶わぬも、自身の柔道の原点であるヒーローへの誓いを胸に、2大会連続五輪銅メダリストは、最後の畳に上がった。

2021.4.4
全日本選抜柔道体重別選手権大会
男子73㎏級 決勝 vs.大吉賢
成績
合わせ技一本勝ち(隅落とし+背負い投げ)

   ◇

 海老沼匡は戦いの場である畳の上に立つと、荒い息を吐き出した。その猛々しい呼吸とともに、福岡国際センターの空気は緊迫の度を増していった。

 2021年4月4日、全日本選抜体重別選手権は男子73kg級の決勝戦を迎えていた。海老沼は飢えを宿した眼光で開始を待っていた。おそらく見守っている人々のほとんどは、これが彼のラストマッチであることを想像できなかっただろう。

《じつは、1年くらい前から試合の後半になると体力が落ちるのを感じていました。そして前年の講道館杯の決勝で延長になり、今までなら受けられた技で負けてしまった。そのとき、ああ……、これでは世界では戦えないなと実感しました。世界で戦えないのであれば、僕は柔道をやっている意味が見出せない。そこで引退を考えました……》

 2021年が明けた頃には第一線を退く決意を固めていた。春の体重別を最後にすると決めた。だが海老沼はそれを公にはしなかった。妻や所属するパーク24柔道部の限られた関係者にしか伝えなかった。

 最後の大会に臨むにあたっては、自らの頭からも引退の2文字を消し去った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3746文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

HEAT UP! TOKYO2020東京五輪 金メダル速報&後半戦プレビュー

関連記事

海老沼匡
古賀稔彦
吉田秀彦

格闘技の前後の記事

ページトップ