沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

《セレクトセール》歴代1位は“6億円”だけど…高額馬たちの「意外なその後」今年最高額の更新は? 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byKYODO

posted2021/07/12 17:00

《セレクトセール》歴代1位は“6億円”だけど…高額馬たちの「意外なその後」今年最高額の更新は?<Number Web> photograph by KYODO

2016年のセレクトセールにて史上最高額の6億円で落札されたディナシー(左)

 5位のリアド(4億7000万円)、6位のダノンマイソウル(4億円)、7位のヒルダスパッションの2020(3億8000万円)はデビュー前である。

 8位のダブルアンコール(3億7000万円)は牝4歳の現役で、今のところ8戦1勝、2着3回という成績で、1370万円ほどを稼いでいる。9位のザレストノーウェア(3億6000万円)は牡3歳の現役で、今のところ2戦して未勝利。稼ぎは50万円ほど。10位のラストグルーヴ(3億6000万円、消費税率の差で10位とした)は1戦1勝で引退して繁殖牝馬となり、青葉賞2着のランフォザローゼス、フラワーカップ2着のレッドルレーヴなどを産んでいる。

 こうして高い順に見ていくと、GIどころか重賞を勝った馬もなかなか現れず、最初に行き当たった重賞勝ち馬は、30位、2017年の1歳馬セールでダノックスにより2億5000万円で落札されたダノンチェイサーである。2019年のきさらぎ賞の勝ち馬だ。今も現役で、8700万円ほどを稼いでいる。

 上から見ていき初めて出てきたGI馬は、36位のトーセンスターダム。2012年の1歳馬セールで、島川隆哉氏により2億5000万円で落札された。日本ではGIIIまでしか勝てなかったが、オーストラリアに移籍してGIを制した。日本国内では1億3000万円ほどを稼いだ。

 次が40位のワールドプレミア。2016年の当歳馬セールで2億4000万円で落札され、2019年の菊花賞、今年の天皇賞・春などを制した。ご存知のとおり現役で、4億5600万円ほどを稼いでいる。

上位40頭で値段以上の賞金を稼いだのは一頭だけ

 現役の馬が多いのでそのうち変わってくるだろうが、現時点では、セレクトセールで取り引きされた上位40頭の高額馬のなかで、自分の値段以上の賞金を稼いだのはワールドプレミアだけ、ということになる。

 高い馬は走らないかというと、なかには馬主孝行な馬もいて、2013年の当歳馬セールで里見治氏により2億3000万円で落札されたサトノダイヤモンドは、菊花賞、有馬記念などを勝ち、8億6500万円ほどと、自分の値段の4倍近く稼いだ。

 1億7000万円で落札されたトーセンジョーダンも天皇賞・秋などを勝って7億円以上稼いだし、1億6000万円で落札されたラヴズオンリユーも国内外で5億5000万円ほど稼ぎ、今なお現役である。

 これからも、4億円や5億円の高額馬で、さらに高額の10億円以上の賞金と、種牡馬シンジケートで30億円、40億円を狙う馬主は次々と出てくるのだろう。

 ここまで来ると、夢があるのかないのかわからなくなってくるが、ともかく、今年もセレクトセールに注目したい。

※データはセレクトセール2021開催前のものです。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
ディナシー
アドマイヤビルゴ
ショウナンアデイブ
ザサンデーフサイチ
ディープインパクト
デアリングタクト

競馬の前後の記事

ページトップ