令和の野球探訪BACK NUMBER

「日本で野球をやりたい!」ドイツにいた少年はなぜ高校野球に憧れたのか? ドラフト候補の“怪物”と目指す甲子園 

text by

高木遊

高木遊Yu Takagi

PROFILE

photograph byYu Takagi

posted2021/06/28 17:02

「日本で野球をやりたい!」ドイツにいた少年はなぜ高校野球に憧れたのか? ドラフト候補の“怪物”と目指す甲子園<Number Web> photograph by Yu Takagi

阪神ファンの父親の影響で野球を知ったツィマーマン健(岐阜第一・3年)。一塁ベースコーチとして元気いっぱい、チームに貢献している

「日本ではチーム全員で勝つ喜びを知りました。ドイツにいた頃は自分がピッチャーもキャッチャーもやって、試合でフル回転してもなかなか勝てなくてストレスを抱えていました。でも今は、試合には出ていなくても、この仲間と勝ちたいと素直に思えるんです。中学生の時に僕が一番魅力に感じた“野球に対する姿勢”で成長できました」

 この夏の目標は、昨秋の東海大会準決勝で敗れ、あと一歩でセンバツ甲子園出場を阻まれた因縁の相手に勝つことだ。

「県岐阜商を倒したい。僕がやれることは声を出すくらいですが、力になれることがあれば何でも力になりたいと思っています」

 当然その先には、幼い頃に父と阪神戦を観て、眩く光を放っていた甲子園もある。聖地への思いを尋ねると、屈託のない笑顔がさらに弾けた。

「甲子園ですか? もちろん行きたいです。行けたら僕の高校野球は文句なしです!」

関連記事

BACK 1 2 3
ツィマーマン健
岐阜第一高校
阪口樂

高校野球の前後の記事

ページトップ