SCORE CARDBACK NUMBER

「俺がメーンを張る」 全日本プロレスの“暴走専務”、44歳の諏訪魔が見据える伝統団体復興へのビジョンとは

posted2021/05/13 11:00

 
「俺がメーンを張る」 全日本プロレスの“暴走専務”、44歳の諏訪魔が見据える伝統団体復興へのビジョンとは<Number Web> photograph by AFLO

昨年1月の三冠ベルト奪還以来、7度の防衛に成功した諏訪魔。王者兼専務として、50周年を迎える意欲満々だ

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

AFLO

 来年秋に創立50周年を迎える全日本プロレス。その専務執行役員に、現三冠ヘビー級王者の諏訪魔幸平が5年ぶりに就任した。フロントと現場の懸け橋となって、団体の再生に勝負をかけようと懸命だ。

「オール・ジャパンを、チームひとつに!」

 諏訪魔は会社名を前面に出したスローガンを掲げ、「三冠統一の地から50周年への飛翔」と題した5月16日の東京・大田区総合体育館大会を団体復興の起爆剤と位置づけている(※その後、6月26日に延期することを発表)。その先に見据えるのは、両国国技館、日本武道館、東京ドームだ。

 前回の専務取締役時代(2014年7月~'15年11月)には“暴走専務”と呼ばれながら、リングの内外で活躍した。今回の就任に際しても、福田剛紀社長から「暴走、大いに結構」と、お墨付きをもらった。まずはリングで暴れまくり、結果を残すことが先決だろう。

 全日本は昨年、コロナ禍の影響で春の看板興行であるチャンピオン・カーニバルが秋開催となる異例の事態に陥った。今年の同大会は例年通り春開催に戻り、4月9日の大阪大会で開幕。5月3日の東京・後楽園ホール大会が最終戦となった。史上初めての日本人のみによるリーグ戦(出場10選手)とあって、猛烈な覇権争いが繰り広げられた。

必殺バックドロップは44歳の今も健在

「プレーヤーとしてもガンガンやる」

 鼻息荒く宣言したとおり、“暴走専務”は、ここでも戦いのど真ん中に立った。5年前に右のアキレス腱を断裂する大怪我を負ったものの、左右両腕から放たれる豪快なラリアット、フィニッシュに決める必殺バックドロップは、44歳の今もまだまだ健在。何より大黒柱のパワーレスリングには、説得力がある。

「俺がメーンを張る」

 5月16日のビッグイベントに向けても、闘志をたぎらせている。

 昨年末、前社長の秋山準が退団。2月にDDTに正式入団したことによって、全日本は精神的なバックボーンを失いかけた。そんな状況だからこそ、故ジャイアント馬場が創設した伝統団体の浮沈は、諏訪魔のリーダーシップ如何にかかる。

 専務レスラーに課せられたテーマは山積みだが、まずは勝負の興行、大田区総合体育館大会のカードを注視したい。

長谷部誠は知っている~欧州で輝き続ける37歳のサバイバル術~

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1026

長谷部誠は知っている
~欧州で輝き続ける37歳のサバイバル術~

【ロングインタビュー】 長谷部誠「僕が一番誇れること」

【スペシャル対談】 桜井和寿(Mr.Children)×長谷部誠「答えのない日々の中で」

【後輩対談】 内田篤人×岡崎慎司「俺たちのハセさん論」

【巻頭メッセージ】 三浦知良「キングからのエール」

【特別インタビュー】 渋野日向子「ハワイの休日」

定価:本体640円(税込)目次ページへ

関連記事

全日本プロレス
諏訪魔

プロレスの前後の記事

ページトップ