SCORE CARDBACK NUMBER

実は日本も手本にするアマボクシング大国、ウズベキスタンが世界戦を初開催。

posted2021/04/26 07:00

 
実は日本も手本にするアマボクシング大国、ウズベキスタンが世界戦を初開催。<Number Web> photograph by AFLO

「海外の試合の方が戦いやすい」と言いその実績もあった岩佐(右)だったが、2団体の王座獲得挑戦は失敗に

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

AFLO

 4月3日、ウズベキスタン・タシケントで行われた同国初の世界タイトル戦で、岩佐亮佑は地元のチャンピオン、ムロジョン・アフマダリエフに5回TKO負けを喫し、WBAとIBFスーパーバンタム級の2本のベルト獲得に失敗した。

 同じサウスポーのアフマダリエフのジャブで試合を支配され、5回に連打を浴び手が出なくなったところでロシア人主審が早めのストップをかけた。岩佐は残念ながらアフマダリエフの歴史的凱旋試合の引き立て役を務めさせられる結果となった。

 岩佐の定評あるテクニックが封じられた展開も意外ではない。終始手を出し続けたアフマダリエフの巧みなインファイトに改めてこの国のボクシングの質の高さを感じた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 616文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

オリンピックの話をしよう。アスリート50人が語る東京五輪

関連記事

岩佐亮佑
ムロジョン・アフマダリエフ
三浦数馬

ボクシングの前後の記事

ページトップ