2020年M-1・全員インタビューBACK NUMBER

最年長ファイナリスト錦鯉(49歳&42歳)初のM-1を振り返る「島田紳助さんは僕らをどう感じただろう」 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2021/02/28 11:00

最年長ファイナリスト錦鯉(49歳&42歳)初のM-1を振り返る「島田紳助さんは僕らをどう感じただろう」<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

2020年M-1で史上最年長ファイナリストになった錦鯉の長谷川雅紀(左、49歳)と渡辺隆(42歳)

渡辺 ただ、忘れっぽいだけです。

「3、4番目あたりがいちばんやりやすいんじゃないか」

――笑神籤(えみくじ)の最初の1本目は、みなさんすごく緊張すると言います。さすがにシビれるものがありましたか。

渡辺 1本目は……、そうですね。

長谷川 いちばん集中していましたね。

渡辺 ただ、途中、ちょっと飽きちゃいましたね。全然、呼ばれねえなー、って。4番目あたりからは、もういつでもいいですよみたいな感じで待っていました。

長谷川 僕も、終わってからですけど、3、4番目あたりがいちばんやりやすいんじゃないかと思いましたね。後半の方がいいと言いますけど、待ち疲れしてしまうというか、早くやりてーって思いましたから。

――中盤から後半にかけて、5、6、7番目あたりがよさそうにも思えますが。

長谷川 いや、遅くても5番目くらいにまでにはやりたいですね。

――結果的には9番目でした。前年、同じく9番手だったインディアンスが、待ち疲れしてヘトヘトだった、と。ラスト出番なら、まだ、9番クジが引かれた時点で、心の準備ができますもんね。順番がわからないまま待つという意味では、9番目がいちばんしんどい。

渡辺 そうなんですよ。5番手でおいでやすこがが大爆発して、さすがにあの後は避けたいなと思いましたけど、6番手のマヂカルラブリーも大ウケして。こうなったら、もう、この2組の後でもいいやくらいに思ってましたから。

――この時点で2位につけていたマヂカルラブリーの野田(クリスタル)さんは、自分たちが終わってから、いちばん怖かったのは錦鯉だ、と話していました。確かに、私も、パワフルさという意味では、おいでやすこが、マヂカルをしのぐ可能性があるのは、錦鯉しかいないと思っていました。

渡辺 まあ、うるささで言ったら、ということだとは思いますが……。

(【続きを読む】M-1本番直前に「泣いちゃうかもしれない…」錦鯉まさのりさん(49歳)が相方に言えなかったひと言 へ)

(写真=山元茂樹)

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
錦鯉
マヂカルラブリー
おいでやすこが
松本人志
上沼恵美子
見取り図

他競技の前後の記事

ページトップ