才色健美な挑戦者たちBACK NUMBER

世界を目指す川合美乃里が教える
五輪新種目・サーフィンの楽しみ方。 

text by

林田順子

林田順子Junko Hayashida

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2020/07/15 11:00

世界を目指す川合美乃里が教える五輪新種目・サーフィンの楽しみ方。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

サーフィンは演技を採点する競技。

 サーフィンは演技を採点する競技です。いい波に乗れて気持ちいいとか、こっちの板の方が相性が良かったと自分では思っていても、岸から見た人から前のライディングの方がいい、違う板の方がよかったと言われることも結構あります。いくら自分の調子が良かろうが、見ている人が良いと思ってくれなければ勝てない。そういう面をアドバイスしてくれるコーチがいるのは、本当にありがたいなと思っています。

 私がもし未経験の人をサーフィンに誘うとしたら、とりあえず海に連れて行って、夕陽を見せるでしょうね。

 それで「この景色を海の中で見られるって考えたらすごくない? 海の上に立つってすごくない?」って力説します(笑)。海に浸かって、後ろを振り返ったら、海面が夕陽で真っ赤に染まっている。この風景は砂浜では味わえませんし、すごく気持ちいいですから。

人間は自然には絶対に勝てない。

 サーフィンをするときに覚えておいて欲しいのは、人間は自然には絶対に勝てないということ。自信を持つのはいいことですが、過信をするのはよくない。「みんな行ってるし、いけるでしょ」って勢いだけでトライするのはやめた方がいい。ちょっとでも怖いと思ったらやめるべきだし、そもそも怖いという気持ちは常に心のどこかに持っていた方がいいと私は思っています。

 ただ、ある程度は挑戦をしないとレベルアップできないところもあって、そこがサーフィンの難しいところですね。

 おすすめは上手い人と海に入ること。何が危ないかを教えてくれるし、何かあった時も助けてもらえますから。

 今はいろいろな試合が中止になっていますが、次に会うときに自分はどこまで上手くなっているんだろう、相手はどんな風に変わっているんだろうって、実はちょっと楽しみなんですよね。

 みんながレベルアップした試合を見てもらって、一人でも多くの人がサーフィンを楽しんでくれたらいいなと思っています。

川合美乃里

川合 美乃里Minori Kawai

2000年12月14日、徳島県生まれ。当時日本サーフィン界最年少となる13歳にしてプロへと転向を果たし、2017年5月に行なわれたWQS (ワールド・クオリファイング・シリーズ) 3000では日本人女子初となる優勝を果たした。その後に参戦したWQS6000では世界9位、同じシーズンの世界ランキングは21位という好成績を残している。現在は世界ランキング上位17名が参戦するWCT (ワールド・チャンピオンシップ・ツアー) への参加を目指している。

ナビゲーターの俳優・田辺誠一さんがアスリートの「美学」を10の質問で紐解き、そこから浮かび上がる“人生のヒント”と皆さんの「あした」をつなぎます。スポーツ総合誌「Number」も企画協力。

第116回:川合美乃里(サーフィン)

7月17日(金) 22:00~22:24

19歳のプロサーファー・川合美乃里選手。プロになったのは6年前の13歳の時で当時の最年少記録でした。その後15歳にして日本プロサーフィン連盟の年間グランドチャンピオンを獲得。2017年には海外の強豪を抑えて日本人女子として初めてWSL QS3000グレードの大会『ICHINOMIYA CHIBA OPEN』で優勝するなど、大躍進を続けています。サーフィンの魅力は「自然を舞台にするため誰にでも勝つチャンスがあること」と語る彼女の理想の女性像や家族との感動エピソードもご紹介します。

第117回:マンスリースペシャル

7月24日(金) 22:00~22:24

第114回から第116回までに登場した元新体操選手・坪井保菜美さん、マラソン・岩出玲亜選手、サーフィン・川合美乃里選手。第117回は未公開シーンを含む3人の総集編をお届けします。

関連記事

BACK 1 2

ページトップ