Beyond The GameBACK NUMBER

アスリートが声を上げるとき。
~社会問題に沈黙しないこと~

posted2020/06/27 08:30

 
アスリートが声を上げるとき。~社会問題に沈黙しないこと~<Number Web> photograph by AFLO

3月のBNPパリバ・オープン中止の前にウオーミングアップを行う大坂。その発信には大きな注目が集まる。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

AFLO

 何も知らないのだから、オマエらは黙って自分の仕事だけやっていればいい――アスリートやアーティストが政治的発言をすると、必ずこんな反論が巻き起こる。

 つい最近も女優の小泉今日子さんらが、ツイッターで「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグをつけて抗議運動を展開すると、アンチからはこの論調のリプライが殺到したという。

「その論理だと、例えばIKEAで働いていたら、IKEAの“グローンリード(ソファーのシリーズ)”のことしか話せなくなります」

 プロテニスプレーヤー・大坂なおみの反論だった。

 黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警官の暴行で死亡した事件を巡り、全米では大規模な抗議運動が展開され、アスリートや芸能関係者も次々と参加している。在米の日本人選手でもMLBシカゴ・カブスのダルビッシュ有投手やロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手、NBAワシントン・ウィザーズの八村塁選手やメンフィス・グリズリーズの渡邊雄太選手らが抗議の意思を表明した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 847文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

大坂なおみ
ジャッキー・ロビンソン

テニスの前後のコラム

ページトップ