オリンピック名著探訪 「五輪の書」を読むBACK NUMBER

『わたし革命』
何のために走るのか。
非エリートの自間の軌跡。 

text by

後藤正治

後藤正治Masaharu Goto

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/06/17 07:30

『わたし革命』何のために走るのか。非エリートの自間の軌跡。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『わたし革命』 有森裕子 岩波書店 2003年刊 1600円+税

 1992(平成4)年、バルセロナ五輪の女子マラソンをテレビ中継で観ていた。2位に入ったショートカットのランナーは、トラックを回り、スタンドの声援に手を振って応えている。いかにも楽しげだ。日本のマラソン史は重苦しいが、こんな選手が登場する時代になったのだ……新鮮だった。

 本書は、ランナー有森裕子が、自身の歩みと心模様を綴った回想記である。

 岡山の出身。「取り柄のない女の子」だったとある。中学の運動会、トップでテープを切る。「一瞬だけ光が当たる瞬間。それが運動会だった」ともある。

 就実高・日体大で陸上を続けるが、インターハイにも国体にも無縁、女子駅伝は補欠。リクルート・ランニング・クラブに頼み込んで入部するが、監督の小出義雄は「駄馬」にたとえたとか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 557文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

現役Jリーガー100人が選んだ史上最強チームを語れ。

関連記事

有森裕子
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ