SCORE CARDBACK NUMBER

日本人世界王者の恩人、
スタンレー伊藤の死を悼む。
~具志堅用高やガッツ石松も~

posted2020/05/23 08:30

 
日本人世界王者の恩人、スタンレー伊藤の死を悼む。~具志堅用高やガッツ石松も~<Number Web> photograph by KYODO

日本初の世界王者が誕生した60年後の5月19日、有志がスタンレー(前列左から3番目)を招き、会が開かれた。

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

KYODO

 コロナ・ショックで世界中のボクシングがストップしている中、日本のボクシング界の恩人がハワイでひっそりと息を引き取っていた。元ボクシング・トレーナーのスタンレー伊藤。95歳の大往生である。

 今から68年前の'52年5月19日、わが国で行われた初の世界タイトル戦で、白井義男が王者ダド・マリノに15回判定勝ちし、日本初の世界王者が誕生。この歴史的試合で相手側セコンドを務めたのがスタンレーだった。その後も日本選手を指導するなど日本との付き合いは長く続いた。

 ハワイがボクシングの一大マーケットだった'70年代には、毎月2、3回の試合があり、日本選手も頻繁にリングに上がっていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 630文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

不屈の蹄音。日本ダービーの新常識

Sports Graphic Number 1003

不屈の蹄音。
日本ダービーの新常識

 

関連記事

スタンレー伊藤

ボクシングの前後の記事

ページトップ