ボクシングPRESSBACK NUMBER

粟生隆寛は肉を切らさず、骨を断つ。
元世界王者、絶品カウンターの記憶。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byMikio Nakai/AFLO

posted2020/04/16 19:00

粟生隆寛は肉を切らさず、骨を断つ。元世界王者、絶品カウンターの記憶。<Number Web> photograph by Mikio Nakai/AFLO

2010年11月26日、WBC世界スーパーフェザー級王者ビタリ・タイベルトに挑戦した粟生隆寛は見事なカウンターを決めて王座を掴んだ。

中毒性のある忘れられない味。

 カウンターこそ「肉を切らさず」だが、試合自体は前に出ていって「肉を切らして骨を断つ」覚悟がのぞいた。これこそが一番の変化だったのかもしれない。

 プレスを強め、ひるまなかった。タイベルトよりひと回り体の大きい粟生の前進は、かなりの威圧感があったに違いない。

 元世界王者で帝拳プロモーションの浜田剛史代表は粟生の成長をこう口にしていた。

「前に出る戦いを体で覚えるまで何年も掛かりました。ノンタイトル戦で(前に出て)ぐらつかされた試合もあったけど、世界を獲るために必要な経験だったと思いますよ」

 粟生は3度防衛した後、ガマリエル・ディアスに判定で敗れて王座から陥落。それから先、チャンピオンベルトを腰に巻くことはなかった。

 同じ帝拳ジムの西岡や山中慎介のように長期政権を築くことはできなかった。

 世界との戦いにおいて三浦隆司や村田諒太のように倒し切ってインパクトを残したわけでもない。

 だが不安定ながらも高いポテンシャルを放った際の圧倒的な輝きは、観る者にとって中毒性のある忘れられない味でもあった。

 現在は帝拳ジムのトレーナー見習いとして、新たなスタートを切っているという。

 挫折を繰り返しながらも、試合がなくとも、彼はボクサーとして己とずっと対峙してきた。エリートボクサーだと言うなら、ここまで我慢強くやれただろうか。

 それは骨となり、肉となり。彼が苦しみながら手にしてきたものはトレーナーとして大きな財産となるに違いない。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
粟生隆寛
ビタリ・タイベルト
西岡利晃
山中慎介
三浦隆司
村田諒太

ボクシングの前後のコラム

ページトップ