ボクシングPRESSBACK NUMBER

粟生隆寛は肉を切らさず、骨を断つ。
元世界王者、絶品カウンターの記憶。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byMikio Nakai/AFLO

posted2020/04/16 19:00

粟生隆寛は肉を切らさず、骨を断つ。元世界王者、絶品カウンターの記憶。<Number Web> photograph by Mikio Nakai/AFLO

2010年11月26日、WBC世界スーパーフェザー級王者ビタリ・タイベルトに挑戦した粟生隆寛は見事なカウンターを決めて王座を掴んだ。

肉を切らさず、骨を断つ。

 筆者はこの一戦が、粟生のベストバウトだと思っている。ダウンを奪ったあのカウンターにはとにかくしびれた。

 肉を切らさず、骨を断つ。

 発動する際のその誘い込み、その当てるタイミング。彼の絶品カウンターは、観ている者を唸らせるだけの説得力がある。

 あの日の夜の、あのラウンドの切れ味は今も脳裏に焼きついている。

やっぱり粟生のポテンシャルは凄かった。

 2010年11月26日、名古屋の日本ガイシホールで行なわれた世界タイトルマッチ。

 3回だった。

 王者はサウスポーの粟生対策として右回りを徹底して、伸びのある右ストレートと得意の左フックを狙ってきた。

 粟生の良さは目がいいこと、体の柔らかさがあること。1、2回でだいぶ感覚を掴めたのか、3回に入ってからはカウンターの照準を合わせようとしているのが見てとれた。

 残り1分10秒。

 接近して交戦があった後、距離を取り、もう一度距離を縮めたその刹那。

 右を振って、相手の大振りになる左フックを引き出させ、そのタイミングで左ストレートをアゴにクリーンヒットさせた。

 辛口の見方をするなら、この日も詰めは甘かったのかもしれない。ダメージのあったタイベルトを仕留め切れなかったという点では。しかし4回以降も強烈なボディーブローを見舞って確実に弱らせ、テクニシャンをテクニックで封じてみせた。

 3-0大差判定での2階級制覇。“やっぱり粟生のポテンシャルは凄かった”と印象づけるファイトであった。

【次ページ】 中毒性のある忘れられない味。

BACK 1 2 3 4 NEXT
粟生隆寛
ビタリ・タイベルト
西岡利晃
山中慎介
三浦隆司
村田諒太

ボクシングの前後のコラム

ページトップ