大相撲PRESSBACK NUMBER

強さも仏頂面にも全部理由がある!
孤高の大関・貴景勝の魅力とは? 

text by

飯塚さき

飯塚さきSaki Iizuka

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/03/20 09:00

強さも仏頂面にも全部理由がある!孤高の大関・貴景勝の魅力とは?<Number Web> photograph by Kyodo News

無観客開催のエディオンアリーナ大阪にて。春場所初日、貴景勝が高安をしっかりとした押し出しで下したシーン。

「僕たちだって仏頂面していたくなんかないです」

 昨今は、SNSの普及によって、より自然体な力士たちの姿を見ることもできるようになった。しかし、本場所は戦いの場。「本当だったら、僕たちだってインタビュールームのカメラの前で仏頂面していたくなんかないですよ」、と彼は笑う。

「でも、それは僕たち力士に、昔からの文化を継承していく義務があるからしていることです。お相撲さんは、横綱・大関に勝った後のインタビュールームでべらべら余計なことをしゃべらない。それが美学なんです」

 時代が変わっても、いくら自分が現代っ子でも、引き継がれてきた伝統と文化に敬意を払い、プロとしての姿を意識する。それが、大関・貴景勝なのだ。

まとめ:若き武士にエールを!

 ここまで読めば、大関・貴景勝の魅力は十分におわかりいただけたのではないだろうか。そして、そんな貴景勝を「もっと応援したい!」と、そんな風に思っていただけたら幸いである。

 かつてのインタビュールームで、肩で大きく息をしながら言葉少なに応対し、帰り際には「しゃっしゃっしゃー(=ありがとうございました)」とだけ口走って、ニコリともせず足早にその場を去っていった貴景勝。当時、なんだか可愛らしくてその映像を何度も見ては爆笑していたが、「力士たるもの、へらへら喋ってはいけない」と、彼なりに考えてあんなインタビューになったのだろう。

 今や貫禄ある大関だが、それでも中身はまだまだ普通の23歳。

 若き大関が努力し成長する姿を、これからも温かく、期待をもって、見守っていこうではないか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
貴景勝
貴乃花
千賀ノ浦

相撲の前後の記事

ページトップ