Number ExBACK NUMBER

<ベイスターズをのぞいてみよう!>
ドラ1森敬斗「ショートで勝負したい」

posted2020/03/12 19:00

 
<ベイスターズをのぞいてみよう!>ドラ1森敬斗「ショートで勝負したい」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

2002年1月28日、静岡県生まれ。神奈川・桐蔭学園高からドラフト1位でDeNAに入団。内野手。右投左打、背番号6。175cm、75kg。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 本日発売のNumber999の第2特集は、「ベイスターズをのぞいてみよう!」。NumberWebでも連動して、横浜DeNAベイスターズを特集します。第1回はドラフト1位ルーキー、森敬斗選手のインタビューです。本誌に載せきれなかった森選手の意気込みをお楽しみください。(聞き手:村瀬秀信)

――今日も居残りで自主練習をしていましたね。

 いつも最後まで残って、コーチにお願いしてバッティング練習をしています。今まで高校生の球を打っていたところから、大学や社会人を経由せずにいきなりプロの世界に入ったので、早く球筋に慣れる必要があると思っています。

――やはりプロのボールは違いますか。

 特にストレートはスピードというより、質が違う感じがします。どうやってタイミングを取ればいいのか、考えて練習しています。変化球はまだそれほど多く打っていないので、わかりません。

――ストレートに慣れるまで時間がかかりそうですか。

 いえ、そこはすぐに慣れると思います。ストレートには自信があります。

「ショート」へのこだわり。

――プロ野球選手になったと実感することはありますか。

 新人合同自主トレから多くの人に見られている感じがします。練習から気が引き締まってできるので、見られている中で野球ができるのはいいなと思います。

――理想の選手像は。

 高校の寮は部屋にテレビがなかったので、あまりプロ野球を見ていなくて……ホームランバッターではないので、しっかりとアベレージを残せるようになりたいです。足と肩にも自信があるので、プレーに活かしたいです。

――昨年のU-18日本代表ではセンターも守りましたが、ポジションへのこだわりはありますか。

 ショートで勝負したい、という思いは強いです。ただ、どこでも守れるのはいいことなので、ショートをしっかりやりつつ、チャンスがあるならどのポジションでも試合に出たいです。

【次ページ】 先輩たち動きには無駄がない。

1 2 NEXT
横浜DeNAベイスターズ
森敬斗

プロ野球の前後のコラム

ページトップ