オリンピックへの道BACK NUMBER

大迫傑vs.設楽悠太、東京マラソン。
2時間4分台、日本記録更新で五輪へ? 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2020/02/23 19:00

大迫傑vs.設楽悠太、東京マラソン。2時間4分台、日本記録更新で五輪へ?<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

MGCのスタートラインに立つ大迫傑(右)と設楽悠太(中央)。多くの選手がピンク色のナイキの厚底シューズを着用していた。

厚底シューズの新製品が登場か。

 変化も志してきた。

 MGCでは、ナイキのシューズを履く設楽、大迫らに対し、井上はアシックスのシューズで出場したが、その後、ナイキに変えたのである。

 今年元日のニューイヤー駅伝は、最も距離が長い4区を走り、設楽が持っていた区間記録を22秒更新し、17人抜きを演じた。大会までの調整などに加え、シューズが寄与した可能性も十分考えられる。

 東京マラソンに彼ら有力選手が集ったのは、アップダウンの少ない、好記録が出やすいコースということがある。

 それに加え、シューズ、という点にも、好記録が期待される要因がある。

 ナイキはアメリカの時間で2月5日に新製品「エアズームアルファフライネクスト%」を2月29日から発売すると発表したが、同製品は、トップクラスの選手にはすでに渡されている。

 従来のシューズを履くのか、新製品でチャレンジするのか、選手個々の判断によるが、そこからも、記録が期待される雰囲気が生まれている。

 海外からの招待選手の中には、2時間2分48秒の自己記録を持つビルハヌ・レゲセ(エチオピア)をはじめ2時間5分を切る自己記録を持つ選手が8人いる。それも記録の後押しになるかもしれない。

 おそらくは積極的に動く設楽に対し、状況判断に優れる大迫、あるいは井上らがどう走るのか。

 時間と順位という2つを巡るレースは間近に迫っている。
 
 

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
大迫傑
設楽悠太
井上大仁
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ