SCORE CARDBACK NUMBER

日本人野手2人が好条件で契約。
メジャー補強戦略のトレンドとは。
~守備よりも打撃こそが最優先~

posted2020/01/27 07:00

 
日本人野手2人が好条件で契約。メジャー補強戦略のトレンドとは。~守備よりも打撃こそが最優先~<Number Web> photograph by Getty Images

秋山が加入するシンシナティ・レッズは、メジャー全30球団で唯一、これまで日本人選手が所属したことがなかった。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 日本を代表する2人の外野手が、2020年からメジャーでプレーすることが決まった。DeNAの筒香嘉智がレイズ、西武の秋山翔吾がレッズと契約を交わし、新たなスタートを切ることに。筒香が2年総額約13億円、秋山が3年総額約23億円と、ともに日本時代を上回る好条件を提示された。

 かつてイチロー、松井秀喜をはじめ日本人野手への注目度が高まった時代を経て、近年の日本人市場は投手が中心となっていた。2000年代前半の細かい戦術を駆使する「スモールベースボール」から、昨今は「フライボール革命」などの影響でパワーを重視する傾向が強くなったこともあり、日本人野手は敬遠されがちだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 583文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

タンパベイ・レイズ
筒香嘉智
シンシナティ・レッズ
秋山翔吾

MLBの前後のコラム

ページトップ