ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

村田諒太のボクシングが完成した。
5RKOで初防衛、視線は本当の頂点へ。

posted2019/12/24 11:50

 
村田諒太のボクシングが完成した。5RKOで初防衛、視線は本当の頂点へ。<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

被弾もあったが、常に圧力をかけていたのは村田諒太だった。もう1つ上のレベルで戦えることを、彼は証明した。

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

Hiroaki Yamaguchi

 WBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太(帝拳)が23日、横浜アリーナで挑戦者8位のスティーブン・バトラー(カナダ)に5回2分45秒TKO勝ち。夢のビッグマッチへの扉を開いた。

 蓋を開けてみれば村田の快勝だった。世界初挑戦のバトラーは8割近いKO率を誇る強打者。24歳という若さもあり、打たれ脆さと経験不足を指摘されながらも、「どこか不気味」という印象を与えていた。

 何よりバトラーにとってはキャリア初のビッグチャンス。失うものがない者の強みを発揮する可能性もあった。

 しかし、村田の充実ぶりはそんな不安要素をあざ笑うかのようだった。

 スタートから挑戦者にプレッシャーをかけ、ジャブを基点に主武器の右ストレート、さらには左ボディブローを打ち込んでいった。ディフェンスに難ありと見られたバトラーは村田の攻勢にブロッキングで対応しようと試みた。

村田とバトラーは似たタイプだが。

 プロデビュー時からバトラーを取材しているというカナダの放送局、TVAスポーツのアンディ・マイリー記者の言葉を思い出した。

「バトラーと村田はともにパワーがあり、似たようなタイプだと思う。ただし、ディフェンスとジャブが村田のほうが上。もちろんバトラーもこの試合に向けて修正していると思うが…」

 カナダ人記者の見立て通り、バトラーはチャンピオンに「ジャブが硬かった。KO率ほどパンチ力はないと思っていたけど、予想以上にパンチ力があった」と言わしめた。一方で村田の右は防いでいたものの、ジャブを被弾。短期間ではディフェンスの修正にも限界があった。

 バトラーも村田の顔にあざを作るくらいの右を打ち込んだが、いかんせんグイグイと押し込まれているから苦しい。バトラーの右は距離を取った位置から踏み込んでこそ力を発揮する。押し込まれていては、その威力は半減してしまうのだ。

【次ページ】 確立された「村田のボクシング」。

1 2 3 NEXT
村田諒太
サウス・アルバレス
ゲンナジー・ゴロフキン

ボクシングの前後のコラム

ページトップ