沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

アーモンドアイかリスグラシューか。
有馬史上初の牝馬ワンツーに期待。
 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa

posted2019/12/21 19:00

アーモンドアイかリスグラシューか。有馬史上初の牝馬ワンツーに期待。<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

アーモンドアイとリスグラシューの頂上決戦。すべての競馬ファンが楽しみにしていた対決だ。

牝馬ワンツーならレース史上初。

 印は2頭だけにとどめたい。

◎アーモンドアイ
○リスグラシュー

 木曜日に行われた抽選会で、アーモンドアイは5枠9番、リスグラシューは3枠6番を引いた。どちらも、周りの出方を見ながらポジションを決められる好枠だ。

 過去に有馬記念を勝った牝馬は5頭。1959年ガーネツト、'60年スターロッチ、'71年トウメイ、2008年ダイワスカーレット、そして直近は'14年のジェンティルドンナだ。ちなみに、スターロッチ以外の4頭は、勝った有馬記念がラストランとなった。

 リスグラシューがそれにつづくか。それとも、アーモンドアイが、ディープインパクトやキタサンブラックなどに並ぶ史上最多のJRA・GI7勝目を挙げるか。

 レース史上初の牝馬のワンツーを期待しつつ、令和最初の超豪華グランプリのファンファーレを待ちたい。

関連記事

BACK 1 2 3
アーモンドアイ
リスグラシュー

競馬の前後の記事

ページトップ