甲子園の風BACK NUMBER

中谷監督と黒川・東妻の3年間。
智弁和歌山、運命のドラフト会議。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byNoriko Yonemushi

posted2019/11/08 08:00

中谷監督と黒川・東妻の3年間。智弁和歌山、運命のドラフト会議。<Number Web> photograph by Noriko Yonemushi

教え子の黒川史陽(左)、東妻純平(右)をプロへ送り出した智弁和歌山の中谷仁監督。ここからが勝負なのだ。

東妻「僕がプロに挑戦できるのは……」

 夏の和歌山大会では、頻繁にマウンドに足を運び、丁寧に投手と意思疎通をはかる東妻の姿があった。ピンチでマウンドに行くよりも、ピンチを招かないように先手で動いたことで、和歌山大会は5試合をわずか1失点に抑えて優勝し、甲子園出場を決めた。

 DeNAの4位指名を受け、東妻はこう気を引き締めた。

「送球など技術面もまだまだ足りないし、配球面というのはこれから一生迷うと思いますし、たくさんいる素晴らしいピッチャーとコミュニケーションを取ることなど、やることはたくさんあります。

 最後の夏は、タイムで間を取ったり、ピッチャーと会話する時間を多くして、結果が伴っていった。夏を通してピッチャーとたくさんコミュニケーションを取れたと思うので、今後、これを生かしてやっていきたいと思います」

 そして、「僕がプロの世界に挑戦できるのは、中谷監督の指導があってこそなので、感謝しかないです」と恩師への思いを語った。

東妻のことは「心配でしょうがない」。

 その中谷監督は、東妻については「心配でしょうがない」と言う。

「キャッチャーとして、僕がプロに入ってから経験したいろんな苦しさや壁を、東妻はこの3年間で一通り、高校生レベルではありますけど体験して、乗り越えてきてくれた。でもこれが引退するまでエンドレスで続いていく、そんなしんどい職業になるので、本当に覚悟を持って行ってほしい。

 東妻に関しては誰よりも厳しく指導してきたので、ひとまず目標とするステージでまた勝負できることを心から嬉しく思います。ただ、親心的な思いで言うと、もっともっと、という部分がいっぱいある。

 たぶん東妻は嫌だと思いますが、僕からしたらあと1年、2年欲しかった(苦笑)。なんとかプロで大活躍する正捕手になってもらうために、まだこれから横浜に行くまで、いろいろと話をしていきたいなと思っています」

「ここからやぞ」と、そう言いながらも、東妻、黒川と握手を交わす中谷監督の表情は安堵に満ちて、送り出す2人にも増して嬉しそうだった。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
黒川史陽
東妻純平
智弁和歌山高校
中谷仁
東北楽天ゴールデンイーグルス
横浜DeNAベイスターズ

高校野球の前後の記事

ページトップ